PAGE TOP

2017年09月06日

但馬牧場公園【展望台】リフトのぼり <兵庫県 新温泉町>

35.jpg

但馬牧場公園【展望台】リフトのぼり 兵庫県新温泉町

展望台1.gif

愛宕山山頂にある絶景展望台をめざしてリフトで登頂♪
『但馬牧場公園 展望台 リフトのぼり

3.jpg

あずま屋のある 第一展望台 からの絶景を眺めるため「ペアリフト」に乗って山頂へっ  いざ出発っ!! わくわくしますっ

2.jpg

冬は一面銀世界、ゲレンデにかわる山の斜面  夏は「そり遊び」が楽しめる  * 芝の状況でそり遊びが中止の場合有り

4.jpg

リフトの運行時間は朝10時〜夕方4時40分 (天候などで運行休止、時間変更の場合あり) 乗車料金は 土日祝 大人600円・小人 400円・幼児 200円平日 大人500円・小人300円・幼児200円 です。 ここでも「JAFカード提示」10% の割引あり!! お持ちの方は忘れずにっ

31.jpg

途中では足がつくほどの 低空飛行!? の空中散歩

32.jpg

終点間近に見えてくるのは 第二展望台

1.jpg

振り返るとこの 絶景 やっぱり山は美しいーーーっ

5.jpg

リフト山頂に到着ですっ

6.jpg

雲はモクモクですが、気持ちイイ景色です。。

12.jpg

さぁ、山頂の 第一展望台 目指して歩きますっ

8.jpg

リフトのりばを後にして山頂へ.. どんな絶景が待っているのか

9.jpg

10.jpg

山頂には 花園 ラベンダーやコスモスなど季節のお花が一面に広がる美しい光景が見られます  ラベンダーの見頃は6月中旬〜7月中旬。 当然、終わっちゃってましたね

11.jpg

一面にはりめぐらされた 電気柵、畑を荒らすイノシシ対策のよう。 下の芝生や牛の放牧場周りにも。 現代の野生動物との共存は難しい.. 暗くなると自動で電源が入るようなので気を付けて

13.jpg

頂上の『あずま屋』まであとひと息っ!! がんばるぞっっ 絶景はもう目の前ですっ


【但馬牧場公園 展望台 山頂の絶景】
16.jpg

標高584.7mの愛宕山山頂から見るパノラマの景色☆ 晴れていれば日本海まで見渡せる絶景スポットから山々を眺める。下りのリフトからは照来盆地の棚田が♪


愛宕山山頂ペアリフト
運行時間  10:00 〜 16:40
乗車料金  大 人 600円
      小 人 400円
      幼 児 200円 (土日祝)

      大 人 500円
      小 人 300円
      幼 児 200円 (平 日)
     * 天候等により運休、時間の変更あり
      [JAF会員割引あり]


兵庫県美方郡新温泉町丹土1033
「兵庫県立但馬牧場公園」
近畿豊岡自動車道 和田山八鹿道路
「八鹿氷ノ山IC」から車で約50分 (関西方面から)
山陰近畿自動車道「岩美IC」から
           車で約33分 (鳥取方面から)

開園時間  9:00 〜 17:00
休 園 日  木曜日 (祝日の場合翌日)
入 園 料  無 料
駐 車 場  無 料 200台収容
      * ペットを連れての入園は出来ません
     * H29.8.30より「但馬牛博物館」は
       リニューアルのため一時閉館
       オープンは来年度中を予定



その他の但馬牧場公園
【但馬牛博物館 牛の骨格】
2.jpg

キリリとした顔、均整のとれた体格.. 昔の書物にも記されるほど名牛として全国に名の知られていた『但馬牛』役牛としても評価の高かった働き者の但馬牛♡

【動物ふれあい広場】
17.jpg

森の中の放牧場でのんびり草を食むヤギさん&ひつじさん♪ カメラに向けられるヤギさんの可愛い笑顔にメロメロ

【但馬牛放牧場】
3.jpg

赤いお屋根の牛舎のまえに広がる緑の放牧場。広い草原で美味しい草をもとめて転々とする但馬牛さんたち。 天気のいい日は放牧場での〜んびり過ごしているよっ♨

【大動物舎 但馬牛】
26.jpg

但馬牛さんたちのお家「大動物舎」(牛舎) にお邪魔しますっ♪ 藁とおがくずが敷かれた寝床で休むかわいい赤ちゃん牛とお母さん牛♡ 明るく清潔な牛舎内は見学自由♪

【レストランふるさと】
15.jpg

本場の但馬ビーフを味わえる牧場のレストラン「レストランふるさと」バーベキューも楽しめるログハウス風のレストラン。おすすめ「但馬牛 焼肉丼」をいただきます♪


周辺のおでかけスポット
【湯村温泉 荒湯】
36.jpg

春来川のほとりに湧く源泉「荒湯」98℃の高温泉が豊富に湧出する荒湯で名物の温泉たまご「荒湯たまご」を茹でる♪ 温度で使い分けられる5つの湯つぼ♨

【新温泉町おでかけMAP】
6.jpg

湯けむりただよう「湯のまち湯村温泉」大自然のなか但馬牛とふれあう「但馬牧場公園」新温泉町の人気スポットをめぐる。 水着で入れる混浴露天風呂もアリ♨





スポンサーリンク



posted by pickles at 12:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。