PAGE TOP

2017年09月05日

但馬牧場公園【但馬牛博物館】牛のセリ場 <兵庫県 新温泉町>

38.jpg

但馬牧場公園【但馬牛博物館】牛のセリ場 兵庫県新温泉町

但馬牛博物館2.gif

奇跡の四頭から受け継がれた血統。日本が誇るブランド牛
『但馬牧場公園 但馬牛博物館 牛のセリ場

14.jpg

農作業を手伝う役牛(えきぎゅう) として家族同様に大切に育てられていた『但馬牛』さん

18.jpg

その頃に使われていた道具 ⤴ 田植えの時期が終わった夏の間、里から離れた山の上で放牧されていた但馬牛。 山々の豊富な水に育まれた栄養豊富な野草や薬草を食べ、険しい山を往き来することで健康で丈夫なからだが出来上がり、鍛えられたしなやかな筋肉に、雪深い但馬の冬の寒さから身を守るための細かな脂肪が入るコトで出来上がった但馬牛の『上質な霜降り肉』

15.jpg

家族の一員として大事に大事に育てられた但馬牛は、おとなしく主人のいうことを良く聞く働き者の牛になりました。

16.jpg

働き者の但馬牛は大阪城築城でも大活躍!! 「一日士分」(武士の身分) を与えられ登り牛として全国にその名を知られたそうです

22.jpg

牧場の様子  小柄な但馬牛よりからだの大きな海外種のほうが働き手として役立つと考えられ、明治以降 海外種との交配が進められましたが、気性が荒く大食いの働かない牛 になってしまったうえ、肉質も低下してしまいました..

23.jpg

牛舎のなか  牧場の大動物舎もこんな風になっていますよ
「やっぱり本来の但馬牛がイイ!!」と気付くも、海外種との交配により純粋種が姿を消す。という事態に陥ってしまいました。 その時に見つかったのが “奇跡の四頭” 険しい山々と深い谷に阻まれ、隣村との往き来が困難だった 小代 には奇跡的に海外種との交配を免れた「純粋な但馬牛」が残っていたのです

24.jpg

牛たちの一日  こうして発見された「純粋な但馬牛」は他地域の牛との交配を避け、純血を守ってきました。

21.jpg

小代で生まれた「名牛 田尻号」 ほとんどの黒毛和牛が田尻号の子孫。 和牛の原点といえる小代の「田尻号」なのです!!
注:この骨は「田尻号」のモノではありません

20.jpg

神戸牛や松阪牛、近江牛など有名な黒毛和牛の 素牛 として知られる『但馬牛』 愛情深い但馬の人たちと、但馬の豊かな自然が生んだ世界に誇れる『奇跡の和牛』です

25.jpg

平成6年までの「セリ場」の様子

26.jpg

牧場からセリ場へと向かう牛さんの様子。

27.jpg

セリの順番を待つ牛さん達。 体調もバッチリ?

29.jpg

「仔牛のセリ場」なのかな? 大切に育ててきた可愛い仔牛さん
高い評価を受けて良い飼い主さんに出会えるといいですねっ

31.jpg

ぐるっと一周、但馬牛についてお勉強したら「但馬牛クイズ」に挑戦してみようっ 意外と難問だよっ!!

30.jpg

優しくて働き者の可愛い『但馬牛』 大動物舎や放牧場で直接ふれあってみよう


【但馬牛博物館 牛の骨格】
2.jpg

キリリとした顔、均整のとれた体格.. 昔の書物にも記されるほど名牛として全国に名の知られていた『但馬牛』役牛としても評価の高かった働き者の但馬牛♡


兵庫県美方郡新温泉町丹土1033
「兵庫県立但馬牧場公園」
近畿豊岡自動車道 和田山八鹿道路
「八鹿氷ノ山IC」から車で約50分 (関西方面から)
山陰近畿自動車道「岩美IC」から
           車で約33分 (鳥取方面から)

開園時間  9:00 〜 17:00
休 園 日  木曜日 (祝日の場合翌日)
入 園 料  無 料
駐 車 場  無 料 200台収容
      * ペットを連れての入園は出来ません
     * H29.8.30より「但馬牛博物館」は
       リニューアルのため一時閉館
       オープンは来年度中を予定



その他の但馬牧場公園
【但馬牧場公園 展望台 リフトのぼり】
4.jpg

第一展望台のあずま屋目指してペアリフトで山頂へ!! どんどん空が近付く楽しい空中散歩♪ 辿り着いた頂上で待っている絶景は? 緑広がる夏のスキー場の風景。

【動物ふれあい広場】
17.jpg

森の中の放牧場でのんびり草を食むヤギさん&ひつじさん♪ カメラに向けられるヤギさんの可愛い笑顔にメロメロ

【但馬牛放牧場】
3.jpg

赤いお屋根の牛舎のまえに広がる緑の放牧場。広い草原で美味しい草をもとめて転々とする但馬牛さんたち。 天気のいい日は放牧場での〜んびり過ごしているよっ♨

【大動物舎 但馬牛】
26.jpg

但馬牛さんたちのお家「大動物舎」(牛舎) にお邪魔しますっ♪ 藁とおがくずが敷かれた寝床で休むかわいい赤ちゃん牛とお母さん牛♡ 明るく清潔な牛舎内は見学自由♪

【レストランふるさと】
15.jpg

本場の但馬ビーフを味わえる牧場のレストラン「レストランふるさと」バーベキューも楽しめるログハウス風のレストラン。おすすめ「但馬牛 焼肉丼」をいただきます♪


周辺のおでかけスポット
【湯村温泉 荒湯】
36.jpg

春来川のほとりに湧く源泉「荒湯」98℃の高温泉が豊富に湧出する荒湯で名物の温泉たまご「荒湯たまご」を茹でる♪ 温度で使い分けられる5つの湯つぼ♨

【新温泉町おでかけMAP】
6.jpg

湯けむりただよう「湯のまち湯村温泉」大自然のなか但馬牛とふれあう「但馬牧場公園」新温泉町の人気スポットをめぐる。 水着で入れる混浴露天風呂もアリ♨





スポンサーリンク



posted by pickles at 12:00 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。