PAGE TOP

2017年09月01日

湯村温泉【足湯】荒湯たまご <兵庫県 新温泉町>

56.jpg

湯村温泉【足湯】荒湯たまご 兵庫県新温泉町

荒湯.gif

春来川を眺めなが足湯に浸かって食べる温泉たまごは格別♪
『湯村温泉 足湯 荒湯たまご

39.jpg

28.jpg

「なかの湯つぼ」で10分 売店で教わった通りにたまごを茹でているあいだ、荒湯周辺をちょっと散策

33.jpg

35.jpg

荒湯のいちばん奥に建つ『荒湯地蔵尊』毎年6月の第一日曜日に行われる「湯村温泉まつり」はココから幕を開けますっ

51.jpg

御堂の脇を抜けると。。

20.jpg

「森下橋」が。この橋を渡った先に「夢千代像」があります。

37.jpg

橋の上から 荒湯 の方を振り返ってみる ⤴ イイ感じ。。

38.jpg

橋のすぐ上手で合流する 春来川

40.jpg

街の中心を流れる「春来川」と温泉宿、「荒湯」が同時に見渡せる絶景スポット  温泉情緒漂う風景。 森下橋の上から。。

42.jpg

橋のたもとに立つ「夢千代像」

41.jpg

湯村温泉がNHKドラマ「夢千代日記」の舞台となったことを記念して立てられた「夢千代像」 夢千代を演じた主演の 吉永小百合さんをモデルにつくられたそうです。 面影あるかな?

43.jpg

もうそろそろ10分!! 早くたまごを引き揚げようっ

36.jpg

さぁ!! お楽しみの「荒湯たまご」の時間ですっ

46.jpg

大師像よこにある水道で、しっかり冷やしていただきますっ

45.jpg

春来川には鮮やかな錦鯉が泳いでいるのですが、これは「放生会」(ほうじょうえ) といって捕獲した魚や鳥獣を野に放し、殺生を戒める儀式によって川に放たれたコたち。「荒湯」からこぼれた湯が流れ込む春来川は年中温かく「鯉たち大丈夫かな?」と思ってしまいますが、夏になると温度の低いトコロへ。 寒い冬になると湯が流れ込む捨湯管のすぐそばで暖を取っているんだとか。 温泉を堪能する そんな鯉たちの姿も見てみたいっ

47.jpg

白に白でなんだか分かりづらいですが、つるんと剥けた「荒湯たまご」 お塩も付いてて助かりますっ

48.jpg

売店で教えてもらった通りの 10分 でイイ感じの茹で加減っ
季節によって最適な茹で時間を教えてくれるのかな? 殻を入れる袋も付けてくれるので、ゴミは散らかさないようにねっ

49.jpg

足湯「ふれあいの湯」 足を入れると「熱っ!!」と感じたお湯も、すぐに慣れて気持ち良く。。 足湯に浸り温泉街の景色を眺めながら食べる「荒湯たまご」は格別っ

44.jpg

高温のお湯が湧き出る「荒湯」の地面は熱々っ 要注意っ!!

50.jpg

春来川沿いにならぶ手形。 この地を訪れた有名人の手形プレートが60基設置された「ふれあい手形散歩道」ドラマで一躍有名になった『湯村温泉』たくさんの有名人がここを訪れたんですね。

52.jpg

53.jpg

『足湯で荒湯たまご』を堪能したら、街の東にある『リフレッシュパークゆむら』で湯村の湯を堪能  水着で5つの混浴露天風呂を楽しめる森の中の温泉公園なのですっ!!

【湯村温泉 源泉荒湯】

情緒溢れる湯村温泉 荒湯の景色.. 春来川を泳ぐ鯉も♡


兵庫県美方郡新温泉町湯1254
「湯村温泉 源泉 荒湯」
近畿豊岡自動車道 和田山八鹿道路
「八鹿氷ノ山IC」から車で約50分 (関西方面から)
山陰近畿自動車道「岩美IC」から
           車で約25分 (鳥取方面から)

利用時間  24時間

利 用 料  無 料


周辺のおでかけスポット
【湯村温泉 杜氏館 ゆーたん】
6.jpg

風情ある湯治場「湯村温泉」源泉荒湯のすぐそばに、白くて巨大なふしぎな物体!! 商店案内所のはいる『杜氏館』のまえで出迎えてくれる「ゆるキャラ ゆーたん」♡


【湯村温泉 荒湯】
36.jpg

春来川のほとりに湧く源泉「荒湯」98℃の高温泉が豊富に湧出する荒湯で名物の温泉たまご「荒湯たまご」を茹でる♪ 温度で使い分けられる5つの湯つぼ♨


【新温泉町おでかけMAP】
1.jpg

湯けむりただよう「湯のまち湯村温泉」大自然のなか但馬牛とふれあう「但馬牧場公園」新温泉町の人気スポットをめぐる。 水着で入れる混浴露天風呂もアリ♨





スポンサーリンク



posted by pickles at 12:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。