PAGE TOP

2017年08月31日

湯村温泉【源泉 荒湯】<兵庫県 新温泉町>

54.jpg

湯村温泉【源泉 荒湯】 兵庫県新温泉町

荒湯2.gif

平安時代に発見された春来川のほとりに湧く高熱の湯♨
『湯村温泉 源泉 荒湯 日本屈指の高温泉

20.jpg

3.jpg

国道9号線から温泉街へとつづく細く長い階段「安参道」(やつさんどう) もうすでに温泉情緒たっぷりです

21.jpg

春来川に架かる橋「温泉橋」のたもとから河原を見下ろす。

22.jpg

川沿いに設けられた足湯「ふれあいの湯」

23.jpg

24.jpg

そのすぐ上にあるのが『湯村温泉 源泉 荒湯』

25.jpg

26.jpg

岩のあいだからプクプクと湧き出る湯 湯村温泉は日本屈指の高温泉で、荒湯では98℃の熱いお湯が毎分470リットルも湧出しています。 泉温の高さと湯量の豊富さは日本有数の『湯村温泉』
「しもの湯つぼ」はいちばん温度が高い湯つぼ

29.jpg

その横には「なかの湯つぼ」「かみの湯つぼ」がならんでいます。「しもの湯つぼ」についで温度の高い「なかの湯つぼ」で10分ほどたまごを湯がくよう売店のおばさんに教わりました。「かみの湯つぼ」では約15分ほどで半熟たまごが出来上がるそうです。(外気温により多少変化あり)

27.jpg

「なかの湯つぼ」のプレートには「約15分程で荒湯たまごが茹で上がります」と書かれていますが、売店で教わった通り 10分間 つけてみますっ  固ゆでよりは半熟が好きだしっ

28.jpg

ネットに入って売られているたまご、3個入りで150円。 湯つぼにうたれた釘に引っ掛けて.. 紐の長さもばっちり

32.jpg

31.jpg

平安時代 嘉祥元年(848年)「慈覚大師」によって発見されたと伝えられる『湯村温泉』 大師像の足元にも湯つぼがあって、柄杓ですくって飲むコトができます。

30.jpg

この他にも河原に「したの湯つぼ」があり、全部で 5つの湯つぼ がある『荒湯』 24時間誰でも自由に利用できます。 それぞれの湯つぼの温度によって使い分けるのが湯村スタイルのようで、山菜やカニなど茹で汁やアクの出るものは「したの湯つぼ」で茹でるのがマナー 湯量の豊富な『湯村温泉』旅館だけでなく温泉街の各家庭にも配湯されているそうです。 凄いっ

34.jpg

『荒湯』の奥に建つ『荒湯地蔵尊』 さぁ、10分経ったらお楽しみの『荒湯たまご』をいただきますっ


兵庫県美方郡新温泉町湯1254
「湯村温泉 源泉 荒湯」
近畿豊岡自動車道 和田山八鹿道路
「八鹿氷ノ山IC」から車で約50分 (関西方面から)
山陰近畿自動車道「岩美IC」から
           車で約25分 (鳥取方面から)

利用時間  24時間

利 用 料  無 料


周辺のおでかけスポット
【湯村温泉 杜氏館 ゆーたん】
6.jpg

風情ある湯治場「湯村温泉」源泉荒湯のすぐそばに、白くて巨大なふしぎな物体!! 商店案内所のはいる『杜氏館』のまえで出迎えてくれる「ゆるキャラ ゆーたん」♡


【湯村温泉 足湯 荒湯たまご】
44.jpg

春来川のほとりで足湯「ふれあいの湯」に浸かりながら、源泉荒湯で茹で上げた名物『荒湯たまご』をいただきますっ♪ 川を泳ぐ鯉を眺めながらゆっくり足湯に浸る♨


【新温泉町おでかけMAP】
1.jpg

湯けむりただよう「湯のまち湯村温泉」大自然のなか但馬牛とふれあう「但馬牧場公園」新温泉町の人気スポットをめぐる。 水着で入れる混浴露天風呂もアリ♨





スポンサーリンク



posted by pickles at 12:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。