PAGE TOP

2017年08月11日

青い清流【四国 海部川】神秘的な世界 <徳島県 海部郡>

33.jpg

青い清流【四国 海部川】神秘的な世界 徳島県海部郡

清流海部川.gif

“四国の右下” 海部郡海陽町を流れる 知られざる清流
『青い清流 四国 海部川 神秘的な世界』

18.jpg

美しい青の世界  知られざる清流『海部川』

26.jpg

あいにくの曇天なのにこの青さ!! 浅瀬では まるで鏡のように川底を映し出す水面。 透明度の高い清らかな流れ.. 

2.jpg

清流 といえば 四国では高知県の「四万十川」が有名ですが、ここ「海部川」知られざる清流 なのです。 全長36kmとあまり長くない川なのですが、源流は 湯桶丸(ゆとうまる) という標高1300mほどの山にある谷。 そのため川の流れが急で水が淀まず、上流にはダムも無く住居も疎ら.. 川を汚染する要素が全く無いのです。「過疎」が清らかな川の流れを守った。というのも皮肉な話しですが、ここ 海部川『日本最後の清流』と呼ばれてもいいんじゃないかと思うほどの美しさなのです

3.jpg

山水が流れ出す ちいさな滝 がいたる所に。。

8.jpg

青が濃い 川の淵 はとっても神秘的

13.jpg

なにか 大物!? が潜んでいないか覗いてみる

5.jpg

この岩の割れ目なんかも怪しい.. なにせ上流の「轟の滝」には 巨大なカレイ が棲んでいたとか 巨大なウナギ が棲んでいた。という伝説が残っているんだから、岩の割れ目から突如 大ウナギが姿を現してもおかしくないっ  それはちょっと怖いけど

17.jpg

どうやらこの淵に はいないみたい!? もう少し下ったトコロにあるもっと深い淵なら巨大魚がたくさん泳いでいそうだけど、雨が続いているせいか流れが渦巻いていてちょっと危険..  こちらの流れが緩やかな浅めの淵で我慢。 ここでも十分に清流を満喫できますからっ 深い淵は今度流れが落ち着いたときにっ♪

14.jpg

この岩の奥なんか、川エビとかいそうなんだけどな..

19.jpg

短時間に降る大雨がここ数日続いていたようで、当日雨は降っていないのに所々で山から流れ出た大量の水が道路を濡らしていました。 そのせいなのか、それとも曇り空のせいなのか、いつもより少し透明度が低いような.. それでもこの綺麗さっ

22.jpg

なんだかとっても 神秘的青の世界。。

23.jpg

山の影から抜けて、浅瀬へと流れていくと..

24.jpg

川底に少し光が射してきた  景色が変わるっ。。

27.jpg

激浅っ!! 浅瀬は透明過ぎて上だか下だか何とも不思議な光景!?

28.jpg

浅瀬ではキラリと光る の姿が.. 画面中央、ちっちゃすぎて見えないかな? 画像が良ければもっとキレイに見えるのに..

29.jpg

ハヤンボを探せっ!! 画像の中に「ハヤンボ」が写ってます

31.jpg

浅瀬には ハヤンボ軍団 がいっぱい♪ 動きが速すぎて姿をなかなか捉えられませんが、そのなかには ちっちゃな鮎 の姿もちらほら.. 鮎やアメゴ(アマゴ) ハゼ科の魚以外の中型の魚は大抵「ハヤンボ(ハヤ)」と呼んでいましたが、それぞれが何の魚なのかは考えたコトもありませんでした。 だって「食べても美味しくない雑魚」という認識だったからです。 ハヤンボさんごめんなさい.. 「ハヤンボ」とはコイ科の淡水魚 ウグイやカワムツ、アブラハヤなどの総称で、地域によって呼び名はいろいろのようですが、決して 雑魚 ではございませんっ とっても動きが速いので「ハヤ(速)ンボ」というのだと聞いた覚えがあります。

32.jpg

川底のコケを剥ぎ取る際、からだを反転させるので キラリ と眩く光る  訪れた頃はまだあまり大きくなっておらず、サイズがちっちゃかったようです。 まだ 稚鮎 サイズですね

7.jpg

膝下ほどの浅いところを群れて泳ぐ ハヤンボ軍団 たち。

11.jpg

釣り師の多い「海部川」 邪魔にならないよう、鮎釣りのおじさん達が帰ったあとにチャポンっとさせてもらいましたよっ

6.jpg

ここ 海部川沿いでは毎年2月に 風流(ふる)マラソン が開催されるのですが、このマラソン大会は『究極の清流 海部川』という名を冠しています。 究極とは言い過ぎなのでは!? と思うかも知れませんが、全然言い過ぎではないその美しさ、ぜひその目で確かめにいってみませんかっ

【神秘的な青の世界 海部川】

川でドリフトダイビング!? 美しい青の世界を漂う。。


徳島県海部郡海陽町
二級河川「海部川」
神戸淡路鳴門自動車道「鳴門IC」から車で約2時間
徳島自動車道「徳島IC」から車で約1時間50分


周辺のスポット
【轟の滝 九十九滝】
滝4b.jpg

落差58m、清らかな水が流れ落ちる その荘厳な姿からご神体として崇められる『轟の滝』とその上に連なる大小さまざまな滝『九十九滝』でマイナスイオンに包まれる。


【清流 四国の美しい川】
5.jpg

小魚たちがいっぱいの下流の堰から、深い山のあいだを流れる神秘的な上流の川の景色。 四国の右下、海部郡海陽町を流れる 美しい川の姿に涼を感じてください。。


【室戸阿南海岸国定公園】
3.jpg

徳島県南部から高知県室戸岬にかけて見られる変化に富んだリアス式海岸と、そこから見る美しい朝焼けの景色。 潮が引いた磯では 潮だまりの生き物たちを観察♪


スポンサーリンク



posted by pickles at 12:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ