PAGE TOP

2017年03月01日

篠山城跡【桐ヶ城】徳川の城 <兵庫県 篠山市>

79.jpg

篠山城跡【桐ヶ城】徳川の城 兵庫県 篠山市

篠山城跡4.gif

1.jpg

山陰道の要衝の地に築かれた城
『篠山城跡 桐ヶ城 徳川の城

72.jpg

            『篠山城』            

豊臣家ゆかりの西国大名たちを牽制するため、京からつづく要衝の地であった篠山に築かれた城「篠山城」 城の“縄張り”(設計図)は築城の名手「藤堂高虎」が、普請総奉行を「池田輝政」が担当し15ヶ国20の大名が動員された天下普請(幕府が命令し諸大名に行わせる工事)で建てられた篠山城。 短期間の工事で仕上げられたとはいえ、堅固な守りの実践に適した城で、天守は無いが二の丸に築かれた立派な「大書院」が城の中核を担っている。

58.jpg

城の正面 北側の入口にある「表門跡」

57.jpg

その先に見えてくるのが「鉄門跡」(くろがねもんあと)

56.jpg

その途中には「中門跡」 この辺りにあったのかな?

54.jpg

その名の通り、門扉には鉄板が貼られていたと思われる「鉄門」

64.jpg

コチラは城の南側「埋門」からの景色

21.jpg

城の裏側の守りの要「埋門」 鉄壁の守りの『篠山城』 深く水をたたえた「お堀」に立派な「石垣」、篠山盆地を見渡す「天守台」破格の規模の古式建築様式を備えた「大書院」、春にはお花見スポットとしても人気の『篠山城』を見ていきましょう♪

         〇△□〇△□〇△□         


【お堀と石垣】
59.jpg

満々と水をたたえ、城を囲むお堀。 鏡のように木々を映し出す無風のお堀を眺めながら城の南にある「南馬出」から城内へ。「埋門」へと伸びる細い坂をあがりますっ⤴


【二の丸】
30.jpg

当時の城主の生活をしのぶ城内の部屋割りが地面に施された「二の丸御殿跡」江戸時代中期の古絵図をもとに御用人詰所や台所、御休息の間などが御影石で区切られる。


【本丸跡 & 天守台】
41.jpg

篠山城最後の藩主 青山氏を祀る「青山神社」が鎮座する「本丸跡」 その南東の隅にある「天守台」からは戦国の山城「八上城」が建っていた高城山の美しい姿が。


【大書院】
1.jpg

天守の築かれなかった篠山城の中核となった建物「大書院」京都二条城の「二の丸御殿」に匹敵する規模の木造住宅建築で、2000年に復元された美しい建物。


【大書院 上段之間】
34.jpg

総工費約12億円、江戸時代の武家風書院造を復元した大書院。その中で最も格式高い部屋『上段之間』江戸時代初期の狩野派絵師の屏風絵を転用した大迫力の障壁画。


兵庫県篠山市北新町2-3
「篠山城跡」
篠山観光案内所より 徒歩約3分
福知山線「篠山口駅」より 車で約15分

【篠山城大書院】
入館時間  9:00 〜 17:00(受付終了 16:30)
休 館 日  月曜日(祝日の場合は翌日)
      年末年始(12/25〜1/1)
入 館 料  大 人   400円
      高・大学生 200円
      小・中学生 100円
4館共通  大 人   600円
      高・大学生 300円
      小・中学生 150円
      [歴史美術館・武家屋敷・青山歴史村・大書院]
      * 共通券は2日間有効
      * 歴史美術館が特別展の際は料金が異なる

    (天守台・本丸・二の丸は無料開放)

駐 車 場  「三の丸西駐車場」篠山城跡三の丸
      普通車  200円
      大型車 1000円


62.jpg

63.jpg

65.jpg

篠山市のおでかけ
【安間家史料館 前編】
4.jpg

篠山藩主青山家に仕えた標準的な従士の屋敷。江戸時代の武家の暮らしぶりを今に伝える「安間家住宅」前編。 茅葺屋根の立派な門構えや、台所の土間に残る竈など。


【安間家史料館 後編】
52.jpg

重厚な茅葺屋根の曲屋と、丹波水琴窟を配した風情ある庭園。 裏手から見る「安間家住宅」の美しい姿。 江戸時代の武家の暮らしぶりを今に伝える屋敷の内部も。


【御徒士町武家屋敷群】
1.jpg

篠山市で最も古い景観を残す御徒士町通。「茅葺入母屋造」の立派な武家屋敷がならぶ広々とした通りを歩くと、まるで江戸時代にタイムスリップしたような気分♪


【青山歴史村】
1.jpg

篠山藩主青山家の別邸「桂園舎」を中心につくられた「青山歴史村」 茅葺屋根の長屋門が目印。 江戸時代の文化や生活を物語る貴重な品々が展示された歴史資料館。


【ほろ酔い城下蔵 鳳鳴酒造】
1.jpg

江戸時代からつづく酒蔵。実際に酒造りに使われていた道具がそのまま展示されている酒蔵で、日本三大杜氏「丹波杜氏」の酒造りのヒミツに迫りますっ♪


【ほろ酔い城下蔵 鳳鳴酒造】
18.jpg

江戸時代からつづく篠山の酒蔵『ほろ酔い城下蔵 鳳鳴酒造』お酒をまろやかにする音楽振動装置を取り付けた熟成タンクや麹をつくる「麹室」を見学します。


【篠山商店街】
1.jpg

お洒落なカフェやレトロな雑貨店、観光客向けの施設も充実。丹波篠山の美味しい食材がそろう『篠山商店街』東の端には「篠山市立歴史美術館」や「特産館ささやま」も


【河原町妻入商家群】
1.jpg

妻入りの商家が旧京街道沿いに軒を連ねる『妻入商家群』千本格子や袖壁、虫籠窓など江戸時代の佇まいをいまに伝える趣ある街並みにはお洒落なカフェやショップも。


【特産館ささやま 味の郷土館】
21.jpg

JA丹波ささやま直営の「特産館ささやま 味の郷土館」で篠山の特産品をつかった美味しいお料理をいただきますっ♪ 粘り強い山の芋のとろろがのった「牛とろ丼」


【大手新丁 ぼたん鍋】
2.jpg

天然猪肉の名産地 丹波篠山「ぼたん鍋」発祥の地でいただく小鍋タイプの『ぼたん味噌鍋定食』一人前からでも大丈夫、猪肉初心者にもおススメ♪ ねばりの山の芋も♡


くりの里【焼き栗】
1.jpg

丹波篠山の城下町に漂う香ばしい香り♡ こんがり焼き上げられた大粒ホクホク「銀寄」の焼き栗と、丹波栗のあんがたっぷり練り込まれた贅沢な「栗ソフトクリーム」





スポンサーリンク



posted by pickles at 11:30 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。