PAGE TOP

2017年02月03日

赤穂城跡【忠臣蔵ゆかりの地】<兵庫県 赤穂市>

70.jpg

赤穂城跡【忠臣蔵ゆかりの地】兵庫県 赤穂市

1.jpg

『忠臣蔵』の舞台「赤穂城」とその周辺のスポット


【赤穂 大石神社 前編】
22.jpg

赤穂四十七士を祀る『赤穂大石神社』 参道の脇にならぶ四十七士の像が出迎えてくれる忠臣蔵ゆかりの地。 神門裏には福々しい恵比寿さまと大黒さまの姿がありますっ♡


【赤穂 大石神社 後編】
26.jpg

本殿の周囲にぐるりと掛けられた「忠臣蔵ものがたり絵馬」1周廻ると忠臣蔵の概要を学ぶことができます。本殿裏の可愛らしい「十二支」の像、石畳のハート型の石♡


【赤穂城跡 本丸門/天守台】
15.jpg

兵学に基づいてつくられた『赤穂城』銃砲撃戦を意識した設計になっている江戸時代には珍しいお城。二つの門で構成された本丸門や天守の築かれなかった天守台。


【赤穂城跡 三の丸大手隅櫓】
1.jpg

赤穂城の顔『三の丸大手隅櫓』城の北側に広がる城下町から見る大手隅櫓の姿は、赤穂城を代表する景色。 外堀の静かな水面に映る隅櫓の姿は本当に美しいっ☆


【赤穂城跡周辺 長屋門】
10.jpg

赤穂城内に残る江戸時代武家屋敷に建てられた立派な『長屋門』 門の両側に配置された家臣達が暮らした長屋の内部では、当時の暮らしぶりを感じるコトが出来ます。


【巴屋 大手門前店】
12.jpg

赤穂城大手門前でいただく赤穂名産「鹽味饅頭」 赤穂の塩をつかった上品な味は、江戸時代から茶菓子として用いられてきました。銘菓「鹽味饅頭」をお抹茶と一緒に♡


『赤穂城』 別名:加里屋城 〜
赤穂浅野氏の初代藩主「浅野長直」の時代、軍学師範「近藤正純」によって「縄張り」(設計)された赤穂城は、徳川幕府の時代には珍しく銃砲撃戦を意識した城づくりがなされています。 復元された本丸入口の門にの塀には「狭間」(さま=弓矢や鉄砲で攻撃する穴)がびっしりと並ぶ。 山鹿流軍学者「山鹿素行」の助言により風水的に吉相とされる『四神相応』(東西南北それぞれの方位を司る四神が守っている土地) の地に建てられた赤穂城は、北に山 東に千種川 南に瀬戸内海 西に備前街道が配されています。
城内には『忠臣蔵』の赤穂四十七士を祀る神社「赤穂大石神社」や武家屋敷跡、江戸時代の武家屋敷に造られた立派な「長屋門」などもあり、みどころがたくさん。


9.jpg

12.jpg

17.jpg

29.jpg

32.jpg

34.jpg

55.jpg

39.jpg

赤穂市のおでかけ
【赤穂海浜公園】
1.jpg

週末のおでかけにおススメっ♪ 入園無料の遊園地や遊具がいっぱいの広場、昔ながらの塩づくりを体感できる塩田や海洋科学館など、塩田跡地に広がる楽しい公園☆


【動物ふれあい広場 赤穂海浜公園】
115.jpg

可愛い動物たちと楽しく遊ぶ『赤穂動物ふれあい村』♪ のんびりまったりカンガルーさん、癒し系王者カピバラさん、キュートなアイドル♡ アキシスジカさんと遊ぶ♫


【赤穂玩具博物館 昭和ノスタルジー】
1.jpg

赤穂城大手門脇に見えてくる不思議な古民家。懐かしい「ホーロー看板」が軒下にズラっと掛かり、レトロな車や遊具が店先にならぶ、まるでそこだけ「昭和」な空間♪


【赤穂市おでかけMAP】
59.jpg

『忠臣蔵』ゆかりの地「赤穂市」のおでかけMAP☆ 赤穂四十七士の足跡をたどる赤穂城跡周辺の散策や、家族で楽しい「赤穂海浜公園」などおすすめスポット満載♪


周辺のスポット
【道の駅あいおい白龍城】
2.jpg

赤穂市のお隣り相生市 相生湾に面した『道の駅あいおい白龍城』 天然温泉「ペーロン温泉」やレストラン、特産品売場などがある人気の道の駅。海の駅も併設


【相生牡蠣】
24.jpg

播磨五川が運ぶ豊富な山の栄養分によって1年で立派なサイズに育つ「一年牡蠣」ふっくら大粒の牡蠣は、加熱しても身が縮まず食べごたえアリ!! 炭火で焼く「焼き牡蠣」





スポンサーリンク



posted by pickles at 12:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。