PAGE TOP

2017年01月12日

龍野城【本丸御殿】兜 <兵庫県 たつの市>

35.jpg

龍野城【本丸御殿】兜 兵庫県 たつの市

本丸御殿.gif

23.jpg

「賤ヶ岳の七本槍」の脇坂家が建てた平山城
『龍野城 本丸御殿 兜』

3.jpg

龍野城は入城も無料ですが、ここ本丸御殿も無料で見学できます。

11.jpg

入るとすぐ入口で出迎えてくれるのが..

2.jpg

10.jpg

たくさんの『鎧兜』

7.jpg

5.jpg

兜のほかにも「陣羽織」も幾つか用意されています。

6.jpg

8.jpg

これらの兜や陣羽織、入り口で待っていたおじさん達が「どれがいい?」と尋ねてくれます。「何かな?」と思っていると、ササっと陣羽織を着せ兜を被せてくれます。 記念撮影をしてもらったうえ、そのままの姿で御殿内を見学。もちろん無料、えぇーーっ

12.jpg

兜を着けて見学中 なんだか後ろ姿が昆虫っぽいけど.. 兜の「前立」(まえだて)が鴨居に当たらないよう注意しないといけません。歩く度、びょんびょんと前立がしなるのが気になります(笑)

13.jpg

龍野城では、鎧兜を着て武士気分を味わう『甲冑・装束体験』というのが期間中の毎週日曜日に開催されていましたが、今年(平成29年)も予定されているそうなので興味のある方は『たつの市ホームページ』をチェックですね (こちらは有料)

14.jpg

入口奥に展示されている牛の像は御殿跡から出土した「天神様の牛」だそうです。 天神様に行くと必ず置かれていますね。
『温暖で降水量の少ない瀬戸内気候や豊富な水量の揖保川、皮の保存や処理に必要な塩を入手できる赤穂が近い』と、皮革づくりに適した環境のたつの市。 天正時代(安土桃山時代)には太鼓の製造などをしていた、といわれているそうです。 業界ではたつの市の皮製品は質が良いことで知られているんだとか

4.jpg

閉館時間ギリギリだというのに快く迎えてくれたおじさん達。 お言葉に甘えて御殿内をゆっくり見学させていただきますっ

41.jpg

36.jpg

戦国時代には龍野赤松氏の居城として数々の戦いの舞台となった山上の山城「鶏龍山城」 賤ヶ岳で戦功をあげた脇坂安治の子孫が、徳川家の譜代大名としてその地位を確立した山麓の本丸御殿。
時代によって違った姿を見せるお城の面白さを感じることのできる龍野城跡 『本丸御殿 龍の襖絵』へつづく。。


兵庫県たつの市龍野町上霞城128-1
「龍野城」
JR姫新線「本竜野駅」から 徒歩約21分
山陽自動車道「龍野IC」から 車で約9分

開館時間  8:30 〜 17:00

休 館 日  月曜日(祝日の場合翌日)
      年末年始(12/29〜1/3)

入 館 料  無 料

駐 車 場  有 り(10台・無料)


【龍野歴史文化資料館】
開館時間  9:00 〜 17:00(入館は16:30まで)

休 館 日  月曜日(祝日の場合翌日)
      祝日の翌日
      年末年始(12/27〜1/4)
      特別展の前後(展示入替期間 各3日程度)

入 館 料  大 人   200円
      小〜大学生 100円
      65歳以上 100円

「三館共通券」
      大 人   300円
      高・大学生 220円
      小・中学生 140円
(歴史文化資料館200円・霞城館200円・醤油資料館10円)
      合計 410円 ➡ 300円
      * 特別展開催中は料金変更

駐 車 場  有 り(15台 無料)
      * 大型バス進入禁止


たつの市のおでかけ
【龍野城 隅櫓】
2.jpg

お城の西側に建つ『隅櫓』その横に伸びる登城路からお城へ登城ですっ♪ 再建された本丸御殿の周りには桜の木がたくさん。 桜の季節に訪れてみたい桜の名所❀


【龍野城 埋門】
40.jpg

真っすぐに伸びた白い漆喰の土塀の先に見えるのが、龍野城の正門にあたる『埋門』城の西側 隅櫓の下に残る「家老門」の姿も。美しい紅葉が残る晩秋の龍野城の景色。


【龍野城 本丸御殿 龍の襖絵】
26.jpg

龍野城「本丸御殿」黄金に輝く煌びやかな上段の間や風情ある枯山水の中庭、その中庭を眺める部屋には雲の海を駆け上がり天に昇る龍の姿を描いた迫力の襖絵が。


【龍野城下町 播磨の小京都】
30.jpg

「播磨の小京都」と呼ばれる風情ある龍野の城下町。立派なお屋敷がならぶ武家屋敷エリアや下町の町家エリア、それぞれ違った風景が楽しめる龍野の町を散策です♪


【三木露風生家】
3.jpg

日本近代詩人『三木露風』の生家。幼い頃に育った龍野の街を想い作った「赤とんぼ」の詩は、童謡として広く親しまれています。白く美しい漆喰の土塀に囲まれたお屋敷。


【龍野公園紅葉谷】
7.jpg

龍野城の背後にそびえる鶏龍山 その西側に広がる「龍野公園紅葉谷」600本の楓が魅せる紅葉のトンネルと、真っ赤な紅葉のじゅうたんは必見の紅葉スポットです♡


【野見宿禰神社 相撲の神様】
1.jpg

相撲の祖であり「龍野」の地名の由来にもなった野見宿禰(のみのすくね)を祀る神社。長い石段の先にある境内からは播磨平野が一望!! おススメの絶景スポット☆


龍野神社【藩祖を祀る神社】

39.jpg

龍野藩主脇坂家の祖「脇坂甚内安治」を祀る神社。『賤ヶ岳の七本槍』の一人として有名な武将で、槍働きで大名にまで出世した安治の武勇にあやかれる有難い神社。


【聚遠亭 茶室】
2.jpg

龍野藩第9代藩主 脇坂安宅が孝明天皇より賜った数寄屋風の茶室。池に浮かぶ風雅な茶室の姿と目の前の美しい庭園。そこからの眺望は「聚遠の門」と呼ばれた絶景!!


【聚遠亭 御涼所】
19.jpg

龍野藩主脇坂家の別邸で、江戸時代中期の建物。その周りに広がる趣ある日本庭園は、秋には紅く美しく染まる人気の紅葉スポット。最盛期には多くの人々が訪れます。


【そうめん処 霞亭】
2.jpg

龍野城すぐ横『そうめん処 霞亭』で地元特産の美味しい「揖保の糸」名物「霞亭にゅうめん」で冬でもほっこり あったかおそうめん♨ 冷やしそうめんも一年中あり。


【新宮宮内遺跡 弥生の森】
1.jpg

西播磨を代表する弥生時代集落跡『新宮宮内遺跡』復元された竪穴式住居が点在する公園では、国内最大級の「円形周溝墓」や「弥生戦士の墓」を見ることができます。


【宮内古墳群 横穴石室墳】
1.jpg

古墳時代後期の横穴式石室が約30基も点在「新宮宮内遺跡」から北へ、西播磨文化会館の裏山にひっそりとある古墳群。整備された公園内では美しい紅葉が見られそう♡


たつの市のおでかけスポットをまとめた
 たつの市おでかけMAP





スポンサーリンク



posted by pickles at 12:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。