PAGE TOP

2016年12月21日

宮内古墳群【横穴石室墳】<兵庫県 たつの市>

52.jpg

宮内古墳群【横穴石室墳】 兵庫県 たつの市

宮内古墳群.gif

2.jpg

古墳時代後期の横穴式石室が点在する古墳群
『宮内古墳群 横穴石室墳

36.jpg

「約30基からなる古墳群で、大半が古墳時代後期の横穴石室墳。古墳公園として整備されており、1号墳は町内屈指の石室をもつ」
という説明を見て「これは見ておかなければ!!」とワクワクしながらやって来た『宮内古墳群』

18.jpg

「新宮宮内遺跡」から北へ「西播磨文化会館」の裏山にその古墳群はあるはず。なのですが、古墳を示す標識はあるけれど.. 古墳らしきモノが見当たらない。あれ? 探す場所間違えてる?

1.jpg

「古墳公園として整備されている」と書いてあったから、こっち?

5.jpg

6.jpg

7.jpg

もう少し早ければ、美しい紅葉が見られただろうな〜

8.jpg

9.jpg

これらは「古墳」じゃなくてオブジェ ⤴

10.jpg

14.jpg

3.jpg

たしかに、公園としてキレイに整備されてます

12.jpg

11.jpg

「あれが古墳!?」 と思い近づいてみると.. やっぱりオブジェ

28.jpg

古墳を発見することができず諦めようかと思ったけど.. んんっ!? もしかして、うしろに見えてるこんもりしたモノが!?

29.jpg

よく見ると、盛り上がった土の山の上に不自然に大きな石がっ⤴
そう思い辺りを見まわしてみると..

16.jpg

17.jpg

あった〜っ!! 見つけたぁーー!!

21.jpg

やった〜〜っ!! ついに発見した古墳 一体どこに目を付けていたのか、改めて見てみるとそれらしき土の盛り上がりがあちこちに.. さっきまで気付かずその上を歩き回ってました

19.jpg

20.jpg

こちらの古墳は石室が残っているものの、入り口は塞がってる

24.jpg

「五号墳」

25.jpg

26.jpg

この「五号墳」は入口もちゃんと健在!! ォオオーー!!

27.jpg

古墳時代前期に主流だったのは「竪穴式石室」ここ『宮内古墳群』のモノは、古墳時代後期につくられるようになった「横穴式石室」 上から大きな石で石室を塞いでしまうため二度と開けられず、一人にひとつのお墓が必要だった「竪穴式石室」にくらべ、墳丘の横に入口をつくる「横穴式石室」は、入り口の石や土をどければ何度でも出入り可能で、子孫も同じお墓に入れる。という今のお墓に近い合理的なシステム。竪穴式じゃあ、あちこちお墓でいっぱいになっちゃうからっ

37.jpg

文化会館のよこから入っていれば、すぐ「五号墳」を見つけられたものを、入口を間違え大切な古墳群のなかをウロウロと徘徊してしまいました みなさんも訪れる際には足元にご注意をっ

30.jpg

31.jpg

そんな古墳の森のなかで見つけた不思議な物体⤴

33.jpg

木にはこうしてコブの出来る病気があるようですが、コレもそうなのでしょうか? こうして間近で見たのは初めてです。

34.jpg

これは足元の倒木に生えていたとってもキレイなきのこ まるでベルベットのような質感の紫色のこのきのこはサルノコシカケ科?

39.jpg

古墳群の下にはグラウンドや公園が広がっています。

40.jpg

41.jpg

43.jpg

44.jpg

椿の花がキレイに咲いてましたっ⤴

42.jpg

46.jpg

38.jpg

ホントにもう少し早く来てみたかった..

4.jpg

紅葉を楽しむスポットとしても追加できそうな『宮内古墳群』
この一面落ち葉の風景も捨てがたいんだけどっ

51.jpg

50.jpg

兵庫県たつの市新宮町宮内458-7
「宮内古墳群」西播磨文化会館よこ
JR姫新線「播磨新宮駅」から北へ 徒歩約18分
山陽自動車道「龍野IC」から北へ 車で約20分


たつの市のおでかけ
【龍野城 隅櫓】
2.jpg

お城の西側に建つ『隅櫓』その横に伸びる登城路からお城へ登城ですっ♪ 再建された本丸御殿の周りには桜の木がたくさん。 桜の季節に訪れてみたい桜の名所❀


【龍野城 埋門】
40.jpg

真っすぐに伸びた白い漆喰の土塀の先に見えるのが、龍野城の正門にあたる『埋門』城の西側 隅櫓の下に残る「家老門」の姿も。美しい紅葉が残る晩秋の龍野城の景色。


【龍野城 本丸御殿 兜】
2.jpg

賤ヶ岳で戦功をあげた脇坂家が建てた山麓の城郭『龍野城 本丸御殿』入口すぐに用意されている兜と陣羽織を着せて貰って、静粛な雰囲気の御殿内を見学しますっ♪


【龍野城 本丸御殿 龍の襖絵】
26.jpg

龍野城「本丸御殿」黄金に輝く煌びやかな上段の間や風情ある枯山水の中庭、その中庭を眺める部屋には雲の海を駆け上がり天に昇る龍の姿を描いた迫力の襖絵が。


【龍野城下町 播磨の小京都】
30.jpg

「播磨の小京都」と呼ばれる風情ある龍野の城下町。立派なお屋敷がならぶ武家屋敷エリアや下町の町家エリア、それぞれ違った風景が楽しめる龍野の町を散策です♪


【三木露風生家】
3.jpg

日本近代詩人『三木露風』の生家。幼い頃に育った龍野の街を想い作った「赤とんぼ」の詩は、童謡として広く親しまれています。白く美しい漆喰の土塀に囲まれたお屋敷。


【龍野公園紅葉谷】
7.jpg

龍野城の背後にそびえる鶏龍山 その西側に広がる「龍野公園紅葉谷」600本の楓が魅せる紅葉のトンネルと、真っ赤な紅葉のじゅうたんは必見の紅葉スポットです♡


【野見宿禰神社 相撲の神様】
1.jpg

相撲の祖であり「龍野」の地名の由来にもなった野見宿禰(のみのすくね)を祀る神社。長い石段の先にある境内からは播磨平野が一望!! おススメの絶景スポット☆


龍野神社【藩祖を祀る神社】

39.jpg

龍野藩主脇坂家の祖「脇坂甚内安治」を祀る神社。『賤ヶ岳の七本槍』の一人として有名な武将で、槍働きで大名にまで出世した安治の武勇にあやかれる有難い神社。


【聚遠亭 茶室】
2.jpg

龍野藩第9代藩主 脇坂安宅が孝明天皇より賜った数寄屋風の茶室。池に浮かぶ風雅な茶室の姿と目の前の美しい庭園。そこからの眺望は「聚遠の門」と呼ばれた絶景!!


【聚遠亭 御涼所】
19.jpg

龍野藩主脇坂家の別邸で、江戸時代中期の建物。その周りに広がる趣ある日本庭園は、秋には紅く美しく染まる人気の紅葉スポット。最盛期には多くの人々が訪れます。


【そうめん処 霞亭】
2.jpg

龍野城すぐ横『そうめん処 霞亭』で地元特産の美味しい「揖保の糸」名物「霞亭にゅうめん」で冬でもほっこり あったかおそうめん♨ 冷やしそうめんも一年中あり。


【新宮宮内遺跡 弥生の森】
1.jpg

西播磨を代表する弥生時代集落跡『新宮宮内遺跡』復元された竪穴式住居が点在する公園では、国内最大級の「円形周溝墓」や「弥生戦士の墓」を見ることができます。


たつの市のおでかけスポットをまとめた
 たつの市おでかけMAP






スポンサーリンク



posted by pickles at 12:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。