PAGE TOP

2016年12月12日

大手新丁【ぼたん鍋】<兵庫県 篠山市>

5.jpg

大手新丁【ぼたん鍋】 兵庫県 篠山市

大手新丁.gif

2.jpg

天然猪肉 日本一の名産地 丹波篠山「ぼたん鍋」発祥の地!!
丹波篠山 大手新丁 ぼたん鍋』

3.jpg

牡丹肉(ぼたんにく)や山鯨(やまくじら)とも呼ばれ、昔から食されてきた「猪肉」 薄切りにした猪肉をお皿の上に牡丹の花のように盛り付け、野菜や豆腐と一緒に醤油や味噌ベースの出汁で煮込む『ぼたん鍋』は、篠山が発祥の地といわれています。

1.jpg

6.jpg

7.jpg

11月中旬には狩猟が解禁され「ぼたん鍋」を目当てにたくさんの人が訪れます。 お昼時には、ここ『大手新丁』さんでも待ちが..

8.jpg

ウリ坊の隣に座って待ちます。

11.jpg

12.jpg

定食はこちらのテーブル席で ⤴

10.jpg

こちらは鍋用のお座敷になっているのかな?
2階は宴会場(* 要予約)のようです。

9.jpg

定食メニューの我々は、テーブル席に案内されます。

14.jpg

13.jpg

一人分からでもOK!! 小鍋タイプの「ぼたん鍋」
「ぼたん味噌鍋定食」天然猪肉 季節限定 1680円 とろろ付き
(とろろ無しは 1480円
ぐつぐつ煮えてきたらお野菜からいただきますっ

24.jpg

26.jpg

猪肉はそのクセを消すために醤油ベースにしても、味噌ベースにしても濃いめの味付けが多いようですが「ぼたん鍋」を出すお店が多い篠山では、甘め出汁のお店や特製の栗入り味噌を使ったお店など各店舗それぞれの味付けで、地元っ子も好みが分かれるようです。 すき焼きのように溶き卵をつけていただくのですが、山椒をかけていただくのは、やはり猪肉の持つ臭みを消すため?

25.jpg

「大手新丁」さんの出し汁は “ちょっと濃い目のお味噌汁” という感じ。 スライスされた猪肉が2枚入っています ⤴ 猪肉によく聞かれる「クセや臭み」はなく食べやすいお肉でした。

27.jpg

ごはんが麦ごはんなので、この「とろろ」をかけて麦とろご飯に。

15.jpg

「そばとろ」 780円

18.jpg

「ねばりと風味」が特徴の丹波篠山の『山の芋』

19.jpg

20.jpg

21.jpg

びよぉ〜んっとスライムばりのねばりっ!!

28.jpg

この “ねばり” じかに体験してみてくださいっ

23.jpg

わさびと七味を効かせて美味しくいただきました

16.jpg

29.jpg

丹波篠山でいろんなお店の味を食べ比べる「ぼたん鍋めぐり」もイイかもしれませんねっ

4.jpg

31.jpg

兵庫県篠山市二階町71
「大手新丁」
篠山観光案内所より 徒歩約2分
篠山城跡より    徒歩約4分
JR福知山線「篠山口駅」より 車で約14分

営業時間  11:00 〜 15:00
      17:30 〜 22:00
      (LO 各30分前)

定 休 日  不定休

駐 車 場  4 台


篠山市のおでかけ
【篠山城跡まとめ 徳川の城】
1.jpg

豊臣方の西国大名たちをおさえるべく、徳川が山陰道の要衝の地に築いた『篠山城』 築城の名手「藤堂高虎」が縄張りした堅固な平山城をゆっくり見学ですっ♪


【安間家史料館 前編】
4.jpg

篠山藩主青山家に仕えた標準的な従士の屋敷。江戸時代の武家の暮らしぶりを今に伝える「安間家住宅」前編。 茅葺屋根の立派な門構えや、台所の土間に残る竈など。


【安間家史料館 後編】
52.jpg

重厚な茅葺屋根の曲屋と、丹波水琴窟を配した風情ある庭園。 裏手から見る「安間家住宅」の美しい姿。 江戸時代の武家の暮らしぶりを今に伝える屋敷の内部も。


【御徒士町武家屋敷群】
1.jpg

篠山市で最も古い景観を残す御徒士町通。「茅葺入母屋造」の立派な武家屋敷がならぶ広々とした通りを歩くと、まるで江戸時代にタイムスリップしたような気分♪


【青山歴史村】
1.jpg

篠山藩主青山家の別邸「桂園舎」を中心につくられた「青山歴史村」 茅葺屋根の長屋門が目印。 江戸時代の文化や生活を物語る貴重な品々が展示された歴史資料館。


【ほろ酔い城下蔵 鳳鳴酒造】
1.jpg

江戸時代からつづく酒蔵。実際に酒造りに使われていた道具がそのまま展示されている酒蔵で、日本三大杜氏「丹波杜氏」の酒造りのヒミツに迫りますっ♪


【ほろ酔い城下蔵 鳳鳴酒造】
18.jpg

江戸時代からつづく篠山の酒蔵『ほろ酔い城下蔵 鳳鳴酒造』お酒をまろやかにする音楽振動装置を取り付けた熟成タンクや麹をつくる「麹室」を見学します。


【篠山商店街】
1.jpg

お洒落なカフェやレトロな雑貨店、観光客向けの施設も充実。丹波篠山の美味しい食材がそろう『篠山商店街』東の端には「篠山市立歴史美術館」や「特産館ささやま」も


【河原町妻入商家群】
1.jpg

妻入りの商家が旧京街道沿いに軒を連ねる『妻入商家群』千本格子や袖壁、虫籠窓など江戸時代の佇まいをいまに伝える趣ある街並みにはお洒落なカフェやショップも。


【特産館ささやま 味の郷土館】
21.jpg

JA丹波ささやま直営の「特産館ささやま 味の郷土館」で篠山の特産品をつかった美味しいお料理をいただきますっ♪ 粘り強い山の芋のとろろがのった「牛とろ丼」


くりの里【焼き栗】
1.jpg

丹波篠山の城下町に漂う香ばしい香り♡ こんがり焼き上げられた大粒ホクホク「銀寄」の焼き栗と、丹波栗のあんがたっぷり練り込まれた贅沢な「栗ソフトクリーム」





スポンサーリンク



posted by pickles at 12:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。