PAGE TOP

2016年12月19日

冬の海【浜辺の宝物】<鳥取県 岩美郡>

3.jpg

冬の海【浜辺の宝物】 鳥取県 岩美郡

冬の海.gif

14.jpg

海が荒れた翌朝の浜辺には、宝物がたくさん.. ☆
『冬の海 羽尾海岸 鳥取』

4.jpg

1.jpg

昨日まで荒れていたとは思えない、穏やかな鳥取の海

12.jpg

浜辺には、波に運ばれてきたキレイな貝殻がいっぱい♡

19.jpg

中にはまだ生きている貝もっ 波打ち際に戻してあげるとサっと姿を消しました。 無事、おウチに戻ってね♡

15.jpg

13.jpg

オレンジがかった茶色と白の縦縞模様が美しい「カズラガイ」
貝殻ひろいのなかではかなりの大物!! 滅多に出会うコトのない貴重な貝殻☆ あまり欠けてないキレイな貝殻がGetできてとっても嬉しいっ またまた増えた宝物

8.jpg

7.jpg

ホタテ貝に似た、この紅いキレイな貝殻は「イタヤガイ」 ホタテ貝よりも溝の幅が広くて溝の数は8本前後。片方の殻が平らで、もう片方が丸みを帯びています。 丸みのある貝殻と、この平らな貝殻。 ずっと別の種類のモノだと思ってましたが、そうでは無かったんですね。 知らなかった〜

5.jpg

6.jpg

あちこちにたくさん打ち上げられていた「カシパン」の仲間。もろくてすぐに壊れてしまう、お花模様の可愛いコ

9.jpg

んっ!! 『バルタン星人!?』

10.jpg

この奇妙な物体は「ヒラタブンブク」という『ブンブクチャガマ』と呼ばれるウニの仲間。 ウニの殻は丸い形をしているので、このハート型(バルタン星人の顔にも見える)の物体がウニの仲間とはちょっと分かりづらい.. 普段は砂の中に潜って隠れていて、掘り出すと猛スピードで逃げ隠れる変わったウニのようです。 生きている時の棘のある姿は、まるでハリネズミ。海の中で一度出会ってみたい “海のハリネズミ” この日は大量に打ち上げられていました。

11.jpg

「ブンブクチャガマ」なんて変わった名前ですが、命名した方は「スカシカシパン」や「タコノマクラ」などの名付け親でもあるそうです。なんだか楽しい名前☆ 他にも名付けたモノが無いか知りたくなりますよねっ♪

20.jpg

16.jpg

青く澄んだ空、温かい日差し、綺麗な海.. 気持ちいい冬の海で浜辺の宝物探し 天気のいい日は冬の海におでかけしてみようっ♪

23.jpg

17.jpg

鳥取県岩美郡岩美町大羽尾
「羽尾海岸」
JR岩見駅から 車で約8分
山陰近畿自動車道 浦富ICから 車で4分


周辺のスポット
【道の駅 きなんせ岩美】
1.jpg
鳥取地方の方言で「きてください」という意味の言葉「きなんせ」『道の駅 きなんせ岩美』は、地元で獲れた 新鮮な海の幸や農産物がならぶ直売所が人気の 岩美町の道の駅です!!


【浦富海岸】
浦富3.jpg
日本海の荒波に削られた、荒々しい海岸線がつづく『浦富海岸』 複雑に入り組んだ岩のあいだをすり抜けるドキドキの遊覧船の旅や、陸から見る美しい海岸線の風景

【あじろや】
もさえびb.jpg
浦富海岸の遊覧船のりばにある食堂『あじろや』 地元 網代港でとれた新鮮な海の幸をつかった料理が人気の『あじろや』 まっ黒な「イカすみソフト」はインパクト有り!! おすすめですっ♡


【シーサイドうらどめ】
5.jpg
目の前には美しい日本海が広がる浦富海岸沿いに建つ海鮮食堂『シーサイドうらどめ』鳥取名物“白イカ”がまるまる一杯ぶん食べられる、ぷりぷり新鮮「白イカ刺身定食」&「海鮮丼」に舌鼓っ♡


【夕陽に照らされる風紋】
6.jpg
風につくられた砂の模様が夕陽に照らされてキラキラ☆ 鳥取砂丘だけじゃなく、鳥取のいろんな浜辺で見られる美しい「風紋」オレンジ色に染まる日暮れ前の鳥取の海.. 鳥取の自然に癒される♡





スポンサーリンク



posted by pickles at 12:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。