PAGE TOP

2016年11月09日

六甲高山植物園【紅葉2016】U <神戸市 灘区>

78.jpg

六甲高山植物園【紅葉2016】U 神戸市 灘区

紅葉2.gif

38.jpg

六甲山上 標高865mに位置し、麓より一足早く木々が色づく
『六甲高山植物園 紅葉2016』

33.jpg

30.jpg

29.jpg

31.jpg

ブナやカエデ、ドウダンツツジなどが10月中旬頃から色づき始め、11月中旬頃まで楽しめる六甲高山植物園の紅葉

32.jpg

34.jpg

36.jpg

37.jpg

六甲山の最高峰は931m、ここ六甲高山植物園は標高865m、年の平均気温は北海道南部並の約9℃。 その気候を利用して世界の高山植物や、寒冷地の植物が栽培されています。

40.jpg

39.jpg

35.jpg

43.jpg

紅く色づく木々だけじゃなく、黄色やオレンジに色づく木々も..
紅く色づくのは「紅葉」 黄色は「黄葉」 褐色は「褐葉」
紅葉にもいろんな種類があるそうですが、ここ六甲高山植物園では緑の常緑樹に、様々な「紅葉」の色がいりまじり “まるで錦絵のよう” と評される景色を楽しむことができます♪

42.jpg

湿地に育つ植物が見られる『湿生植物区』

44.jpg

45.jpg

その湿生植物区を見下ろす場所に建つ「ショップ アルピコラ」
オリジナル雑貨や植物・花のグッズが販売されています。

46.jpg

47.jpg

48.jpg

49.jpg

もう少しすれば、池に紅く紅葉した木々の姿が映るのかな?

50.jpg

51.jpg

52.jpg

池に架かる橋「プリンスブリッジ」

57.jpg

56.jpg

55.jpg

天皇陛下(明仁陛下)が皇太子時代に訪れた際、名付けられた「プリンスブリッジ」 この橋はその後、老朽化によって2度架け変えられたそうで、現在の3代目の橋は、初代の吊り橋をイメージして装飾のワイヤーで吊り橋風に.. なにかと皇室とのご縁が深い六甲高山植物園です。 そんな園内には、紅葉以外にも秋を感じられる風景がいっぱい つぎは『六甲高山植物園の秋の風景』をっ♪

79.jpg

82.jpg

【六甲高山植物園 紅葉.U】

真っ赤に染まる美しいカエデ


【六甲高山植物園 紅葉速報&小便小僧】
1.jpg

『六甲高山植物園』2016年の紅葉状況と、恒例行事「小便小僧のマント着せ」の模様。 冷たい風が吹き始めた六甲山、裸の小便小僧くんに温かいマントをっ♡


【六甲高山植物園 紅葉.T】
1.jpg

標高865m、麓より一足早く木々が色づきはじめる六甲山。 10月中旬から11月中旬ごろまで楽しめる『六甲高山植物園』の紅葉。2016年の模様 第一弾☆


【六甲高山植物園の秋】
12.jpg

紅く美しい紅葉の他にも、園内には秋を感じられる風景がいっぱい♪ やさしく暖かな色に包まれる日本の秋を感じに、『六甲高山植物園』へおでかけしてみよう☆


【六甲高山植物園 秋の植物】
30.jpg

スっと伸びた筒状の美しい食虫植物「サラセニア レウコフィア」や不思議な実をつけた「マムシグサ」とげとげの花「キクバヤマボクチ」など見所満載の秋の植物たち♡


【六甲高山植物園 秋の花】
1.jpg

秋の花々がお出迎え♪ くるくる巻いた花茎がトレードマークのシクラメンの原種「ヘデリフォリウム」やユキノシタ科の人字草に大文字草。美しい秋の花たちの姿♡


【小便小僧&池の鯉】
1.jpg

人気の恒例行事「小便小僧のマント着せ」今年のテーマは「ヒマラヤの青いケシ」マントを着て、まるで妖精のように変身した小便小僧くん&パクパク「池の鯉」たち♡


【エーデルワイス 山小屋風カフェ】
17.jpg

高山植物園にあるお洒落な山小屋風カフェ。眺めのいいテラス席が人気のカフェで、六甲山生まれの「やまみつ」を使ったハヤシライスとパリパリ食感の骨付きソーセージ♪


周辺のスポット
【六甲ミーツ・アートかくれんぼ】
1.jpg

六甲オルゴールミュージアムの中庭で展示中の作品「かくれんぼ」夕暮れ時の森、ちょっと不気味!? なかくれんぼ.. 茂みの中、よく目を凝らして探してみてねっ♪


【六甲ミーツ・アート 夢の山】
3.jpg

六甲高山植物園で木々たちに紛れ不思議な世界観を醸し出す作品&オルゴールミュージアムに展示中の他の作品たち。 神戸六甲山上で芸術の秋を満喫っ♪


【六甲オルゴールミュージアム コンサート展示室】
1.jpg

アンティークなオルゴールや自動演奏器たちの美しい音色が実際に聴ける「コンサート展示室」 オルゴールの透き通った音色に、自動演奏器の迫力ある演奏♪


【六甲オルゴールミュージアム 展示室】
13.jpg

様々なアンティークオルゴールがならぶ「六甲オルゴールミュージアム」の展示室。 美しい家具のようなキラキラしたオルゴールたちにうっとりしますっ♡


【六甲オルゴールミュージアム 庭園】
4.jpg

南ドイツの山荘をイメージした可愛らしい建物と、その周りに広がる素敵な庭園。 館内で美しいオルゴールを堪能したら、庭園で緑を満喫するお散歩ですっ♫



兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲4512-150
「六甲高山植物園」
三宮駅から車で 約30分
六甲ケーブル下駅から六甲山上駅まで 約10分

開園期間  3/19 〜 11/23(水・祝)【2016年】

開園時間  10:00 〜 17:00(16:30受付終了)

休 園 日  9/1(木)・9/8(木)【2016年】

入 園 料  大人 620円(中学生以上)
      小人 310円(4歳〜小学生)

2施設共通券  1200円
      【六甲高山植物園&六甲オルゴールミュージアム】
3施設共通券  1400円
      【六甲高山植物園&六甲オルゴールミュージアム
                      &六甲枝垂れ】
駐車料金  普通車 500円(平日無料 7/21〜8/31は除く)
      1DAYパーキングチケット
      (六甲ガーデンテラス・六甲山館ツリーハウス
       六甲山フィールドアスレチック・六甲高山植物園
       六甲オルゴールミュージアム の駐車場が
       当日に限りフリーパス)
      バイク 無  料

【夜のもみじ散策】
日  程  10/29 〜 11/13 * 荒天中止

開園時間  17:00 〜 18:30(平日)
      (紅葉ガイド 17:30〜)
      17:00 〜 19:30(土日祝)
      (紅葉ガイド 17:30、18:00、18:30)
       * 紅葉ガイドは約30分

場  所  西側入り口のみ開門
      * 山上バスでは「オルゴールミュージアム前」下車

入 園 料  六甲高山植物園の入園料のみでOK
      (チケット提示で1日再入園可)




スポンサーリンク



posted by pickles at 12:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。