PAGE TOP

2016年10月20日

琵琶の滝【祖谷のかずら橋】<徳島県 三好市>

15.jpg

琵琶の滝【祖谷のかずら橋】 徳島県 三好市

43.jpg

祖谷のかずら橋を渡った先にある、平家の落人伝説が伝わる滝
『琵琶の滝』

14.jpg

「祖谷のかずら橋」を渡り、左に曲がった先には

16.jpg

断崖絶壁の岩の上からほぼ垂直に落ちてくる、高さ50mの『琵琶の滝』 この時は水量もほど良く、山道を登らずにこんな美しい迫力ある滝が見られるなんて、なんだか得した気分

41.jpg

滝壺の水は、もちろん澄んだ美しい水

17.jpg

滝壺の水は「いこい食堂」の横を通り、かずら橋の下を流れる祖谷川へと流れ込みます。

18.jpg

44.jpg

22.jpg

大きなごつごつした岩が転がる祖谷川の河原

21.jpg

20.jpg

ここから見るかずら橋もいい感じ

23.jpg

祖谷川の澄んだ美しい流れとかずら橋を堪能したら、つぎは祖谷の美味しいモノを探しに物産館へ

26.jpg

28.jpg

祖谷のお土産物がならぶ特産館と、名物「祖谷そば」などが食べられる食堂の入った観光施設「かずら橋夢舞台」

27.jpg

大型観光バスもたくさん停められる広い駐車場(普通車510円)

30.jpg

中にはこんな物も展示「石臼」 回してみると結構重い。 昔の人はホントに何でも手間暇かけて作っていたんですね。

29.jpg

お目当ての「そば米」

46.jpg

徳島の郷土料理「そば米雑炊」 お野菜と鶏肉を炊いた出し汁に、ゆでたそば米を入れると出来上がり。 色合い地味ですが..

47.jpg

「そば米」は皮をむいた“そばの実”で、見た目は麦のようで、プチプチとした食感がクセになる とっても美味しい素朴な食材です。

24.jpg

かずら橋夢舞台からの眺め

12.jpg

19.jpg

『祖谷のかずら橋』かずら橋を渡れない高所恐怖症さんも、楽しめるトコロや見どころはいっぱい♪ 美味しい祖谷グルメもたくさん

32.jpg

33.jpg

京から落ち延びてきた平家の人々が、都を偲び滝壺の傍らで琵琶を奏でた。といわれる『琵琶の滝』 耳を澄ませば琵琶の音が聴こえてくるかもしれませんね...

琵琶の滝.gif

【琵琶の滝】

マイナスイオンたっぷり!! 琵琶の滝


徳島県三好市西祖谷山村善徳
「琵琶の滝」

徳島自動車道「井川池田IC」から 車で約50分
「道の駅大歩危」から 車で約20分

【祖谷のかずら橋】
営業時間  日の出 〜 日没

定 休 日  無 し

料  金  大人 550円
      小人 350円
      * 『琵琶の滝』は無料

【かずら橋夢舞台】
営業時間  9:00 〜 18:00(4〜11月)
      9:00 〜 17:00(12〜3月)

定 休 日  無 し

駐 車 場  普通車 510円
      (周辺にも駐車場あり300円〜)


祖谷地方のスポット
【道の駅 大歩危】
2.jpg

祖谷観光の入口「大歩危峡」のほとりに建つ道の駅。 大歩危峡の絶景を眺めるテラスや展望台「石の博物館」に「妖怪屋敷」なども入る楽しめる道の駅♪


【祖谷のかずら橋】
1.jpg

蔓を編んで架けたとっても揺れるスリル満点の吊り橋!! その昔、空海が困っている村人達のために架けたといわれるかずら橋には平家伝説も残されています!!


【かずら橋 いこい食堂】
4.jpg

かずら橋を渡った先にある「琵琶の滝」その滝の目の前にある『いこい食堂』で、祖谷名物「祖谷そば」に、炭火で焼かれた「でこまわし」 鮎&アメゴに舌鼓♡


【落合集落展望所】
5.jpg

急な山の斜面にそって広がる「落合集落」 茅葺屋根の古民家で“祖谷の暮らし”を体験できる「桃源郷祖谷の山里プロジェクト」で海外の旅行客にも大人気♪


【秘境の湯】
4.jpg

祖谷の山々に囲まれた一面ガラス張りの絶景温泉「秘境の湯」 緑につつまれる気持ちいい露天風呂では、山の清々しい空気と温泉に、心もからだも癒されまくり♨


【祖谷の旅 絶景ドライブ】
4.jpg

1000m級の山々に囲まれた祖谷渓の絶景。 奥祖谷へと向かう車窓の風景すべてが美しい☆ 途中の細い道にもめげず、祖谷渓の絶景ドライブを楽しみます♪


【奥祖谷観光周遊モノレール】前編
5.jpg

世界一の観光用モノレールで標高1380mの頂上へ!! 奥祖谷の深い森の中をゆっくり進むカブトムシ号で、フィトンチッドに癒される 65分間の森林浴♨ 前編です。


【奥祖谷観光周遊モノレール 後編】
151.jpg

順調に頂上に辿り着いたカブトムシ号を待ち受けるハプニング!! 下りのカブトムシ号は波乱続き。 想い出に残る奥祖谷「カブトムシ号の旅 後編」下りは爽快感満点!!





スポンサーリンク



posted by pickles at 12:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。