PAGE TOP

2016年06月11日

江島大橋【べた踏み坂】<島根県〜鳥取>

14.jpg

江島大橋【べた踏み坂】 島根県 〜 鳥取県

12.jpg

島根県の中海に浮かぶ島「江島」と鳥取県境港市に架かる橋
『江島大橋』通称「ベタ踏み坂」と呼ばれる、軽自動車のCMで一躍有名になったアノ橋です。

8.jpg

その『江島大橋』の架かる「江島」は、 島根県と鳥取県にまたがる汽水湖“中海”にあり、同じく中海に浮かぶ「大根島」(だいこんじま)と堤防道路でつながる、大部分が埋め立で出来た島です。

9.jpg

その「大根島」から「江島」へとつながる堤防道路
左手が中海、右手の堤防のむこうも中海。この堤防が無ければ凄い景色になるんじゃないかなぁ...
“神仏の通い路” (中海と宍道湖を8の字で囲むルート)の「水辺ルート」になっています。 『国引き神話』の舞台となった中海・宍道湖・日本海、大山・島根半島を巡るルートです。

11.jpg

水面がこんなに近いっ!!

10.jpg

境水道を通じて日本海とつながっている中海、潮の満ち引きで浸水するコトは無いのかな? 日本海は、太平洋に比べ干満の差があまり無いので 関係ないか... それよりも、風の強い日のほうが心配かも!? 道路と水面がほぼおなじ高さ。 珍しい景色です

1.jpg

「大根島」から「江島」へ渡り、いよいよ『べた踏み坂』
橋の急勾配加減は、遠目から撮らないといけなかった.. と、あとから後悔 橋のたもとまで来てしまうと、写真で撮っても全然伝わりません。 橋の姿が見えたら、良い角度を探して撮っておくことをおススメします。 島根県側と鳥取県側では 勾配の角度も多少違うし、鳥取県側は橋が少しカーブしています。

2.jpg

3.jpg

ただの道路の写真です...

4.jpg

頂上付近。 こうして見てもなんのコトやら... という感じ 急な傾斜のためか、みなさん慎重な運転。 “ベタ踏み”というコトもなく橋は通過... こんなことなら、窓の外の景色を楽しんでおけば良かった この橋には歩道が設置されていて、自転車で挑む強者もいましたっ!! 時間と体力に余裕が有れば、景色を見ながら歩いて渡るのが この橋の楽しみかたとしては最適なのかも!?

5.jpg

鳥取県側のカーブ

6.jpg

7.jpg

鳥取県境港市側に到着

PCラーメン橋(耐震性に優れた橋)では日本一の長さ 1.7km。 500t級の船舶が通航できるように、このような勾配がつけられてます。 付近の橋は同じように勾配の大きいものが多く、大橋川河口に架かる「中海大橋」は、ここ「江島大橋」よりも大きい7%の勾配になっているそうです。
橋のもっとも高いところで44.7m。 急勾配よりも、橋からの景色のほうが見応えがありそう これから行く方は、是非 景色を楽しんでくださいね

【全然伝わらない急勾配!!】

ベタ踏み坂を走ってみたよ!!

島根県松江市八束町江島 〜 鳥取県境港市渡町
江島大橋

JR境港駅より 車で約10分
米子道 米子ICより 車で約45分

橋を渡って境港に着いたら... カニ〜〜っ
◦ 境港水産物直売センター【カニ】


周辺のスポット
【境港水産物直売センター】
3.jpg
鳥取県境港市と島根県美保関町を結ぶ「境水道大橋」のたもとにある『境港水産物直売センター』隣接する境港魚市場の新鮮な海の幸がお安く購入できると人気のスポット☆ 岩美町名物「ばばちゃん」や幻のエビ「モサエビ」も!!


【鯉の湯 満腹松葉がにプラン2016】
1.jpg
鳥取の冬の味覚の王者「松葉がに」を味わいに『はわい温泉 民宿 鯉の湯』さんへ♪ テーブルにずらりと並ぶ大量のかに料理!! 食べつくすコトは出来るのか!? コスパ最強と大絶賛の漁師宿で、今年初の松葉がにと格闘ですっ!!


【千年亭 はわい温泉】
4.jpg

鳥取県中部「はわい温泉」東郷湖に浮かぶ千年島に建つ一軒宿『千年亭』で日帰り入浴♨ 目の前には温泉が湧き出る東郷湖。 絶景“源泉かけ流し”露天風呂


【国民宿舎 水明荘】
6.jpg
はわい温泉とは東郷湖を隔てた対岸にある「東郷温泉」の『国民宿舎 水明荘』こちらの大浴場からは、対岸のはわい温泉のキラキラした景色が楽しめますっ♪ ここでしか食べられない“木苺ソフトクリーム”は絶品です♡


【夕陽に照らされる風紋】
5.jpg
東部の鳥取砂丘だけでなく、東西に続く長い海岸線のいたる所でこんな美しい風景が見られる鳥取。 自然が造りだす芸術『風紋』を照らす真っ赤な夕陽... 鳥取県中部、大山の雪解け水が流れ込む日本海の河口の夕景に癒される♡





スポンサーリンク



posted by pickles at 12:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。