PAGE TOP

2016年06月01日

石見銀山【町並み地区 前編】<島根県 大田市>

5.jpg

石見銀山【町並み地区 前編】 島根県 大田市

123.jpg

石見銀山の政治経済の中心地『大森 町並み地区』

65.jpg

63.jpg

江戸時代の武家屋敷や大森代官所跡、昔から続く商家や神社仏閣がならぶレトロな町並み

70.jpg

67.jpg

街の雰囲気にあうよう、お洒落な木製の装飾が施された自動販売機や、屋根の上の室外機

68.jpg

紙幣や硬化の投入口、商品のボタンまで サイズを合わせて細かくこだわって作られています。

124.jpg

ここを真っ直ぐ進むと、龍源寺間歩

71.jpg

72.jpg

電気メーターボックスも、町並みにあわせて

73.jpg

74.jpg

素敵なお店...

77.jpg

こんなモノまでお洒落に変身っ
大森の町並み自体が“重要伝統的建造物群”に指定されているため、街の景観を守る意識が徹底してます!!

75.jpg

82.jpg

通りに面しているから、窓の目隠しと風通しを考えて...

79.jpg

81.jpg

巨大な映画のセットのなかにいるみたい

78.jpg

変わった形の雨戸!?

145.jpg

開くと こちらのお店みたいになるんだって 品物を並べる台に早変わり!! よく考えられてますよね。 写真撮り忘れましたが、この台の下には馬を繋ぐための輪っかが取り付けられていて、本当に当時のまま 建物が残されているのが分かります。

83.jpg

女性に人気の衣料品や生活雑貨を扱うお店、お洒落なカフェや昔ながらのレトロな店構えのお土産物屋さん... 通りにはいろんなお店が点在してます。

128.jpg

84.jpg

「有馬栄光堂」大森の町並みにある唯一のお菓子屋さん

87.jpg

88.jpg

銀山の坑夫たちも食べたといわれる「げたのは」

90.jpg

『げたのは』 1袋 550円
小麦粉と卵・お砂糖、まわりをコーティングしてある黒糖だけをつかって作られた、昔ながらのお菓子。 懐かしい素朴な味わいに、ついつい手が止まりませんっ サクっと軽い食感♪

129.jpg

85.jpg

お店の中でもいただけます TVの取材なんかもたくさん来てるみたいで、あちこちに写真やサイン色紙が飾られてました。

94.jpg

95.jpg

96.jpg

98.jpg

ちいさな橋が見えてくると、その手前に

97.jpg

99.jpg

「町並み交流センター」(旧大森区裁判所)
旧裁判所の一部が 町並み交流センターの施設の一部として無料公開されていて、石見銀山や町並み保存の様子がわかる映像を見ることができます。 (8:30 〜 17:15)

100.jpg

ここまで来たら、町並み地区のおよそ半分!? タイムスリップ気分の楽しい散策は続きます。。。

64.jpg

66.jpg

◦ 石見銀山【龍源寺間歩】
◦ 石見銀山【かおり本舗 中村屋】
◦ 石見銀山【町並み地区 後編】
◦ 島根おでかけ情報

島根県大田市大森町
大森 町並み地区

出雲方面から国道9号線を進み県道321号線へ
県道46号線に入り 石見銀山街道/県道31号線を進み
石見銀山世界遺産センター 駐車場へ
島根県大田市大森町イ-1597-3

【石見銀山世界遺産センター】
開館時間 8:30 〜 17:30
展示室  9:00 〜 17:00(最終受付 16:30)
     (3月〜11月は30分延長)

休館日  毎月最終火曜日・年末年始

展示室観覧料 一般   300円
       小中学生 150円

駐車場  無 料(約400台)




スポンサーリンク



posted by pickles at 12:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。