PAGE TOP

2016年05月31日

出雲大社【参道】<島根県 出雲市>

23.jpg

出雲大社【参道】 島根県 出雲市

50.jpg

28.jpg

出雲大社の正門 勢溜に建つ“二の鳥居”をくぐると参道です

24.jpg

二の鳥居は、一の鳥居とは違い木で出来ています。 出雲大社に建つ4つの鳥居はそれぞれ違った素材で出来ていて、宇迦橋のたもとに建つ一の鳥居“鉄筋コンクリート製”(神門通り手前) 勢溜に建つ二の鳥居“木製” その次、松並木の参道に建つ三の鳥居“鉄製” そして拝殿前の“銅製”四の鳥居。 それぞれの違いを確認しながら拝殿へ向かってみましょう

27.jpg

参道は長い下り坂。 写真ではちょっと分かりづらいのですが
「下り参道」というのは、珍しいんだそうです。 そういわれれば、下っているのは見たことないかも...

26.jpg

こちらの方が、参道の勾配がよく分かる。祓橋を渡り振り返ったところ。 奥に見えるのが 二の鳥居

25.jpg

奥に小さく写っているのが「千家尊福公像」
出雲大社教の基礎を築いた方で、「年のはじめの〜♪」(かくし芸大会のテーマソング)で知られる唱歌“一月一日”の作詞をされたのは、この尊福公だそうです。

29.jpg

30.jpg

「浄めの池」

31.jpg

下り参道の先にある「祓橋」(はらいのはし)

32.jpg

33.jpg

橋を渡ると三の鳥居と、奥につづく“松の参道”

35.jpg

34.jpg

鉄でできた三の鳥居

37.jpg

三の鳥居の裏側 昔はちっちゃな川が流れていたのかな?

36.jpg

39.jpg

まだ少し桜の残っている「御神苑」

38.jpg

松並木で 中央の参道と左右の参道に分けられています。

40.jpg

四の鳥居が見えてくると...

47.jpg

46.jpg

右手に「ムスビの御神像」 大国主大神が幸魂奇魂を授かるシーン

44.jpg

海から突然浮かび上がってきた『幸魂奇魂』
(さきみたまくしみたま)

45.jpg

“さきみたま”=分裂して増殖、“くしみたま”=整えて統一する
自身のなかにある「幸魂奇魂」の存在を知り、その霊力によって『ムスビの大神』となり、国造りを成し遂げた『大国主大神』(おおくにぬしのおおかみ) 生きるものすべてが幸せになれる「縁」を結ぶ“縁結びの神”として慕われるように

41.jpg

48.jpg

向かいの社務所前には「御慈愛の御神像」
“因幡の白兎”の一場面。 騙したサメ達に毛を毟り取られ、瀕死の白兎を助けてあげる大国主大神。 お礼に 大国主大神と八上姫の愛のキューピッドになる白兎 おとなり 鳥取県 白兎海岸にある「白兎神社」も“縁結びの神社”として人気ですよね♪

43.jpg

49.jpg

手水舎で手と口を清めたら、いよいよ参拝です

51.jpg

52.jpg

拝殿前に建つ 四の鳥居は“銅の鳥居”
日本最古の青銅製の鳥居で、国の重要文化財に指定されています。

◦ 出雲大社【神門通り】
◦ 出雲大社【拝殿】
◦ 出雲大社【本殿】
◦ 出雲大社【神楽殿】
◦ 出雲大社【吉兆館】
◦ 出雲大社【出雲大社前駅】デハニ50形
◦ 出雲大社【出雲そば】
◦ 出雲大社【みつばち工房】巣みつソフト
◦ 出雲大社【まとめページ】
◦ 島根おでかけ情報

島根県出雲市大社町杵築東195
出雲大社

山陰道出雲ICより 国道431号線を出雲大社方面へ車で20分
山陰道斐川ICより 国道9号線を出雲市方面へ
県道28号線経由で出雲大社方面へ車で30分

参拝時間 6:00 〜 20:00

定休日  無 し

駐車場  385台(無料)
     [出雲大社外苑駐車場]




スポンサーリンク



posted by pickles at 12:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。