PAGE TOP

2016年05月13日

しまね海洋館アクアス【小魚たち 1F】<島根県 浜田市>

85.jpg

しまね海洋館アクアス【小魚たち 1F】 島根県 浜田市

15.jpg

島根県西部 石見地方の中心に位置する「県立岩見海浜公園」そのなかにある水族館 『しまね海洋館アクアス』

36.jpg

オープン前、待ってるみんなをお出迎えしてくれた アクアスのキャラクター「なみちゃん」 バブルリングの幸せをおすそわけしてくれる“愛の神様”

115.jpg

34.jpg

広〜い無料駐車場が用意されているので、車で訪れても駐車場の心配は無さそうです

35.jpg

エントランスを抜けると見えてくる「岩見万葉の磯」ゾーン

37.jpg

38.jpg

豊かな島根の海を体感、身近なお魚たちが見られます

84.jpg

39.jpg

「幸せを呼ぶ!? 黄金のヒラメ」 島根の海で釣り上げられた黄金色のヒラメ 写真を待ち受けにすると幸せに♡

40.jpg

41.jpg

「ネンブツダイ」 本州中部より南、台湾・フィリピンなどに生息する スズキ目テンジクダイ科の魚で、夏の産卵期にはペアで過ごし、口の中で卵を保護するお魚。

86.jpg

「イシダイ」 スズキ目イシダイ科 浜田市周辺では 小型のものは“サンバソウ”と呼ばれているそうです
「クロキヅタ」 隠岐諸島・瀬戸内海に分布する海藻で、本種だけが 国の天然記念物に指定されている

42.jpg

いろんな生き物たちが生息する場所「アマモ場」を再現。
「リュウグウノオトヒメノモトユイノキリハズシ」という、とっても長い別名を持つ海草

87.jpg

島根県の県魚「トビウオ」 危険を感じると、勢いよく水面から飛び出し 大きな胸ビレを広げて滑空することができる。 その距離は、最高で400mにも達するとか

43.jpg

『イカの交接』 交接腕と呼ばれる腕をつかって、オスはメスに精子の入った精包を受け渡します

101.jpg

102.jpg

イカは「軟体動物」なので、こう見えても“貝類”と仲間なのです

48.jpg

49.jpg

神話に出てくる“ワニ(サメ)”をシンボルにした大水槽
「神話の海」
島根沖の網にかかったサメや巨大なエイ達が、たくさん泳いでいます。 ここにいるサメの殆どは 大人しい性格で、滅多に人を襲うようなコトは無いそうですが、水面でバタバタしたりして刺激すると... 日本海にも、こんなにたくさんの種類のサメ達が泳いでいるんですね!!

51.jpg

サメやエイ達の姿を真下から見られる「海底トンネル」

126.jpg

このサメは“雄 ♂”
腹ビレに「交接器(クラスバー)」がついているので、オスなのです。 メスにはこの交接器がついていません。 エイのオスにも、同じように交接器がついていますよ
サメとエイの雄と雌の見分け方や、アジに食べられた短い尻尾のマダラトビエイのことなどを詳しく教えてくれたアクアスのボランティア「アクアサポーター」のおじさん

50.jpg

アクアスのお魚たちのコトなら何でも知っていて、館内を一緒にまわって貰えてラッキーでした♪ お魚たちの秘密をたくさん教えて貰いましたよっ

つぎは3F「コーラルリーフ」ゾーンへ向かいますっ

【アクアス日本海の魚たち】

日本海の魚たちと美ら海の魚たち♡

【神話の海 サメが泳ぐ大水槽】

神話に登場するサメ(ワニ)をテーマにした大水槽

◦ しまね海洋館アクアス【小魚たち 3F】
◦ しまね海洋館アクアス【くらげ】
◦ しまね海洋館アクアス【ペンギン】
◦ しまね海洋館アクアス【シロイルカ】
◦ はまだラーメン【アクアス】
◦ しまね海洋館アクアス【動画まとめ】
◦ しまね海洋館アクアス【まとめページ】

島根県浜田市久代町1117-2
島根県立しまね海洋館アクアス

山陰自動車道 浜田東IC下車 約6分
JR波子駅より 徒歩10分

開館時間 9:00 〜 17:00
     9:00 〜 18:00
(7/20〜8/31)
     (入館は閉館の1時間前まで)

休館日  毎週火曜日(祝日の場合 その翌日)
     (GW・夏休み・冬休み は休まず開館)

入館料  大 人  1540円
     小中高生  510円
     (幼児【未就学児】は無料)




スポンサーリンク



posted by pickles at 12:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。