PAGE TOP

2016年05月19日

出雲大社【吉兆館】<島根県 出雲市>

吉兆神事.jpg

出雲大社【吉兆館】 島根県 出雲市

29.jpg

15.jpg

出雲大社の南、宇迦橋手前の交差点に建つ
『道の駅大社ご縁広場 吉兆館』

9.jpg

屋根の上にたっているのは、正月三日に行われる大社町の伝統行事「吉兆神事」“吉兆さん”(幟旗)最上部に取り付けられる鉾と扇

17.jpg

これが“吉兆さん”
「歳徳神」(としとくじん)と刺繍された、高さ10m程もあるこの巨大な幟旗を担いで町内を練り歩くお祭りが『吉兆神事』

12.jpg

「吉兆神事」の様子をあらわしたミニチュア展示
こうした地元 大社町の伝統行事「吉兆神事」にまつわる展示や、伝統工芸・土産品などが展示されている館内は 見学無料!!
観光情報コーナーでは 島根観光について詳しく教えてもらえるので、「次どこ行こうかな〜?」と迷っている方は、是非ここで“島根のみどころ”を聞いてみて下さい。 いろいろと丁寧に教えてくれますよ♪

6.jpg

8.jpg

「吉兆神事」の主役!! “番内さん”
町内を練り歩く“吉兆さん”を先導する、怖いお面の“番内さん”
厄年の男性が扮する番内さんは、青竹で地面を叩きながら「あくまんばらい(悪魔祓い)」と大声で叫び、町内の氏子の家々の邪気を祓ってまわるそうです。

16.jpg

これは!? 出雲大社の本殿、現在のものでもかなりの大きさですが、古代の本殿はもっと大きかった!? という説が。高さ48mもあったとか、96mもあったといわれているらしぃ
2000年に境内から発掘された巨大柱。 その大きさから、48m説が現実味を帯びてきたそうで、その復元模型がコレ。

14.jpg

48m説がホントなら、15階建てのビルに相当するそうです。 昔にこんなのがそびえ立っていたとしたら、絶対みんな偉大な“神”の存在を信じるでしょうね

19.jpg

20.jpg

石見神楽『大蛇』(おろち)の頭

24.jpg

25.jpg

八岐大蛇(ヤマタノオロチ)の「素佐男命」(スサノオノミコト)と「稲田姫」(クシナダヒメ) その他の神話に登場する神々

22.jpg

石見神楽にまつわる品も多数展示

32.jpg

27.jpg

今回は観られなかった『石見神楽』 残念だったけど、ここで少しでも雰囲気を味わえて良かった

23.jpg

26.jpg

21.jpg

18.jpg

その他にも、いろんな展示がされている館内。 神話の国 しまねは 道の駅も博物館のよう

28.jpg

吉兆館のすぐ横には...

11.jpg

100L 100円「温泉スタンド」 タンクさえあれば、持ち帰ってお家でゆっくり温泉タイム

10.jpg

すぐ目の前に 出雲大社 一の鳥居(宇迦橋の大鳥居) と、街の雰囲気に合わせたシックなローソン
ここ「道の駅大社 ご縁広場」に車を停めて、神門通り(門前町)を散策しながら出雲大社へ向かいます

30.jpg

31.jpg

にしても“番内さん” 迫力あり過ぎっ

◦ 出雲大社【神門通り】
◦ 出雲大社【参道】
◦ 出雲大社【拝殿】
◦ 出雲大社【本殿】
◦ 出雲大社【神楽殿】
◦ 出雲大社【出雲大社前駅】デハニ50形
◦ 出雲大社【出雲そば】
◦ 出雲大社【みつばち工房】巣みつソフト
◦ 出雲大社【まとめページ】
◦ 島根おでかけ情報

島根県出雲市大社町修理免735-5
吉兆館
出雲市駅から車で20分

営業時間 9:00 〜 17:00

定休日  12/30・31

駐車場  180台




スポンサーリンク



posted by pickles at 12:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。