PAGE TOP

2016年01月26日

室戸阿南海岸国定公園 <徳島県 海陽町>

3.jpg

室戸阿南海岸国定公園 徳島県 海陽町

2.jpg

朝陽がのぼる直前の朝焼け

徳島県南部から高知県室戸岬にかけての海岸線は、砂浜や断崖絶壁、リアス式海岸と変化に富んだ海岸線の姿が見られる絶景ポイントの宝庫

1.jpg

5.jpg

潮が引いた磯では、潮溜まりのいきものたちを観察したり。。。

6.jpg

8.jpg

潮溜まりの岩いちめんに張り付いているのは“カイメン”っぽい

7.jpg

こちらのつるんとしたグミのようなコーヒーゼリーのような物体は何っ!?
と思い調べてみると『ウメボシイソギンチャク』というイソギンチャクが、触手を引っ込めた状態のようです。
この状態が 梅干しに似ていることから『ウメボシイソギンチャク』と命名されたようですが、触った感触のぷるんとした感じや質感が、少し硬めのゼリーやグミ。 といった感じでした

潮が満ちたら触手を広げるのかな?

4.jpg

3.jpg

“波食棚”? 波に削られて出来た溝がゴジラの背中みたい

2.jpg

波で打ち上げられた 大きな流木

1.jpg

4.jpg

冬の冷たい澄んだ空気が見えるよう...

5.jpg

冬の海もキレイ...


室戸阿南海岸国定公園

四国南部 徳島県南部〜高知県室戸岬までの海岸線


◦ 大浜海岸【うみがめ公衆電話】

スポンサーリンク



posted by pickles at 12:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433012028

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ