PAGE TOP

2016年01月25日

劉家荘【南京町】 <神戸市 中央区>

15.jpg

劉家荘【南京町】 神戸市 中央区 元町通

2.jpg

神戸 南京町の路地にある『劉家荘』
看板メニューの“焼鶏”(しょうけい)がぶら下がったショーケースと、マスコットの“ピーちゃん”が目印

1.jpg

お昼時なので、もちろん並びます。 並んでいるあいだにも、どんどん行列は長くなります...

3.jpg

5.jpg

「伝統の中華料理が堪能できるお店」ですが、お昼のリーズナブルなメニューも用意されていて 入りやすいです

4.jpg

並んでいるあいだにオーダーするメニューは決めてあります

6.jpg

こちらの『特別サービス定食』と

8.jpg

『焼鶏ラーメンセット』

南京町では、あちこちで“丸鶏”のすがたを見掛けますが、こちらは北京ダックではなく「焼鶏」 中国の伝統料理

23.jpg

兵庫県産の新鮮な若鶏を、秘伝のスパイスと昔ながらの調理法で 一日かけて味付けし、油で表面を焼き、さらに蒸す。 という手間暇かけて料理された“焼鶏”は、中までしっかり味が染み、しっとりした身が絶品です

14.jpg

11.jpg

そんな“焼鶏”がトッピングされた焼鶏ラーメンと炒飯がセットになった
『焼鶏ラーメンセット』 930円

12.jpg

透き通ったスープにキレイなあぶらが浮いて、見ただけで「美味しい」とわかるラーメン

「うちの麺は伸びるのがはやいから、すぐに食べてね」
というお店の方の言葉に あわてて麺をすすります 細くてまっすぐな麺。 極上のスープと一緒に、あっというまに完食

このラーメンのスープは、いつまでも飲んでいたいくらい 優しくて美味しいスープ はやめに麺を食べ終えて、残しておいたスープを 炒飯と一緒に飲むのが最高です

9.jpg

『特別サービス定食』 1550円 の前菜

手前は“牛タンの黒胡椒スモーク” コリコリした食感に、黒胡椒のスパイシーさとふんわりお口にひろがる香り。 あっという間に食べてしまうのがもったいない...

その奥、真ん中は“くらげ” 画像ではわかりづらいですが、花のようにふわっと広がった形で「んっ!? これってくらげ??」って思ってたら、これはくらげの【頭(足の部分)】で、ふだん食べている皮の部分とは まったく食感が違います。 コリコリぷりぷりしっかりした食感で、これ食べたら普通のくらげ、食べられません。。。
こんな風に花開いた状態にするには、熱湯をかけたり水に漬け置いたり、色々と手間をかけてあげないと出来ないそうです。 どんな料理でも“ひと手間”かけられているモノは、やっぱり違いますね

10.jpg

あと一品は“サーモンのマリネ” どれもこれも美味しい前菜♪ ホントは、美味しいお酒をいただきながら、こんな前菜をたくさん頂きたい...

16.jpg

海老のチリソース春巻き焼鶏サラダ の乗ったプレート

17.jpg

ごはんとスープがついて、すごく豪華な昼食です

18.jpg

巨大な“エビチリ” 大きくてプリプリのエビチリが3尾もっ ソースが美味しすぎてソースも残さず食べちゃいます。

19.jpg

骨の際まで美味しい味がしみ込んだ焼鶏は、胸肉の部分のやわらかさ、しっとりさが たまらなく美味しいです

21.jpg

見た目も味もやさしいスープ... 具だくさんの春巻きも、どれもホントに美味しくて『贅沢な昼食』を満喫させていただきました

22.jpg

食後のデザート“杏仁豆腐”

香りのいい中国茶も、テーブルにおかわり用のポットが置かれていて、とっても嬉しい

「これ何ですか〜?」と尋ねると、親切になんでも説明して貰え、より一層美味しくお料理がいただけました。 ごちそうさまでした
前菜の『くらげ』 また食べたい〜〜〜っ


兵庫県神戸市中央区元町通1-4-8
劉家荘

元町駅から130m


周辺のスポット
【元町周辺まとめ】
元町地図.png
神戸の老舗店が軒を連ねる『元町商店街』や、三大チャイナタウンの『南京町』、美味しい飲食店やかわいい雑貨屋さん。キラキラのショーケースに釘づけの洋菓子店♡ お洒落なお店が並ぶ元町周辺




スポンサーリンク



posted by pickles at 12:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。