PAGE TOP

2016年01月08日

うずの丘大鳴門橋記念館 <兵庫県 南あわじ市>

34.jpg

うずの丘大鳴門橋記念館 兵庫県 南あわじ市

5.jpg

神戸淡路鳴門自動車道 淡路島南ICを降りてすぐ、淡路島の最南端と四国鳴門を結ぶ“大鳴門橋”、瀬戸内海&太平洋&淡路島の山々を360度のパノラマで見られる絶景スポット
...というコトで やってきましたがっ

1.jpg

9.jpg

ご覧のとおり... 「リニューアル工事中」

建物の周りには足場が組まれており、屋上の『うずの丘展望台』には上がれません。 窓から見えるのは“足場ビュー”... 仕方ないので、少し下の駐車場からの景色を。

8.jpg

3.jpg

景色を諦め記念館の中へ

10.jpg

11.jpg

自動販売機が淡路特産“淡路島たまねぎ”模様

入るとすぐこんなモノがっ

14.jpg

淡路名物!? たまねぎキャッチャー

たまねぎを筒の中に落とすと、たまねぎ1個 = 潮風たまねぎ1.5kg に交換してくれるらしぃですよ。 たまねぎ好きにはたまらない

26.jpg

淡路のお土産がたくさん並ぶ店内「うずの丘味市場」

淡路たまねぎのスープは生姜入りもあって、とても美味しかったです。 粉末なので、スープとしてだけではなく いろんな料理の隠し味にも使えそうですね。 あちこちに試食の品が並べられていて、試食だけでお腹いっぱいになりそう

15.jpg

16.jpg

なので、お腹いっぱいになる前に 2階
「絶景レストラン うずの丘」

17.jpg

28.jpg

27.jpg

18.jpg

淡路牛のサシのはいった赤身部分を使い、低温でじっくり焼きあげた 淡路牛の特製ローストビーフ。 その中に 半分にカットされたロースト玉ねぎが隠れている 楽しい一品『淡路牛の赤トロ丼』

もっちもちの“淡路島ぬーどる”と鯛の尾頭付きがコラボした、おめでたい感満載の『淡路島鯛ぬーどる』をChoice

19.jpg

20.jpg

『淡路牛の赤トロ丼』 1600円

淡路島の塩と香辛料で味付けされたローストビーフは、はじめそのままで 次に七味をかけて、そして淡路島の“センザン醤油”をつかった醤油ダレをかけていただきます。 テーブルに置いてある淡路島の“藻塩”を振っても美味しかったですよ

赤身といっても、脂もあってやわらかく お肉の味がとっても美味しいローストビーフ

21.jpg

お肉をめくると 中にはあま〜い“たまねぎ”

22.jpg

23.jpg

『淡路島鯛ぬーどる』 1500円

焼いた鯛のアラから出たコクと、淡路島たまねぎのあま〜い旨味が溶けだした美味しい出し汁と、ちょっと太めのお素麺『淡路島ぬーどる』がよく合います。

25.jpg

24.jpg

『淡路島ぬーどる』は、ここ福良の製麺業者が開発したオリジナルの麺で、太さ2mm 長さは38cmと 普通の素麺より太くて長い“うどんのコシと素麺の喉ごしを併せ持つ”もちもち麺です。

30.jpg

窓際の席なら こ〜んな絶景を楽しみながらお食事できます

32.jpg

33.jpg

ガラス越しなので こんな感じですが、本来 屋上の展望台からはこんな絶景がパノラマで楽しめるんでしょうね 只今工事中 で残念でしたが、つぎは必ず絶景を

3.jpg

2.jpg

こちらの「うずの丘大鳴門橋記念館」でも“ご当地バーガーグランプリ1位&2位”の「あわじ島バーガー」が食べられます 『淡路島オニオンキッチン』

兵庫県南あわじ市福良丙936-3

うずの丘大鳴門橋記念館

神戸淡路鳴門自動車道 淡路島南IC下車すぐ
淡路交通バスターミナル横「うずしおドーム・なないろ館」より
無料シャトルバスが出ています。

◦ 道の駅うずしお
◦ 道の駅あわじ










スポンサーリンク



posted by pickles at 12:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。