PAGE TOP

2016年01月03日

孫文記念館/移情閣【1階】 <神戸市 垂水区>

4.jpg

孫文記念館/移情閣 神戸市 垂水区

2.jpg

八角形の中国式楼閣「移情閣」 1915年築の現存する日本最古のコンクリートブロック造建造物で、国の重要文化財に指定されている。

17.jpg

30.jpg

『辛亥革命の父』と仰がれる「孫文(孫中山)」を顕彰する日本で唯一の博物館。
神戸潜伏中の彼をかくまった 川崎重工業の松方幸次郎との縁で、1984年に開設された。

1.jpg

3.jpg

舞子海上プロムナードを出て左手に見える 海岸沿いの建物が「移情閣」
その手前にあるモニュメント「夢レンズ」

7.jpg

11.jpg

舞子公園内にある「孫文記念館(移情閣)」「旧武藤山治邸」「旧木下家住宅」三邸の入館料をあわせて400円で販売している『三邸めぐり入館券』 それぞれに購入するより100円お得 今回は、こちらを購入して三邸をまわります

6.jpg

12.jpg

15.jpg

18.jpg

庭から見る明石海峡

19.jpg

建物のうしろに見えるのは 明石海峡大橋のアンカレイジ(橋台)

21.jpg

海に面しているのは裏口のようで、表の入口へまわります

24.jpg

28.jpg

こちらが入口

32.jpg

31.jpg

孫文の銅像が出迎えてくれます

34.jpg

「中国革命の父」「国父」(国家の父)とも呼ばれる『孫文』 中国では「孫文」よりも「孫 中山」の名が一般的で、「孫 中山先生」と呼ばれている。
この「孫 中山」という名の由来は、孫文が日本亡命時代に住んでいた 日比谷公園付近の邸宅「中山邸」の表札の字が気に入りつけたもので、自らを「孫 中山」と名乗るようになった。 日本滞在中は「中山 樵」(なかやま きこり)を名乗っていた。
中国にある「中山」がつく路名や地名は、この「孫 中山」の名からとったものらしい。

35.jpg

36.jpg

25.jpg

入口はこちら

37.jpg

38.jpg

1階入って直ぐの部屋には“偉大な革命家 孫文”についての資料が展示されています。

41.jpg

43.jpg

44.jpg

南側の廊下は陽当たりが良く気持ちいい

39.jpg

48.jpg

49.jpg

51.jpg

「移情閣」模型

53.jpg

52.jpg

華僑の貿易商「呉錦堂」が舞子海岸に建てた別荘「松海別荘」 この別荘内に建てられた「移情閣」は、外観が六角形に見えることから『舞子の六角堂』と呼ばれ親しまれてきた。(実際は八角形)

58.jpg

これがその八角形の内部

54.jpg

55.jpg

孫文の立像と胸像

56.jpg

57.jpg

天井の龍の彫刻

60.jpg

65.jpg

「移情閣」つぎは2階へ...

33.jpg

兵庫県神戸市垂水区東舞子街2051 舞子公園内

孫文記念館(移情閣)

JR舞子駅・山陽舞子公園駅より徒歩5分

◦ 孫文記念館/移情閣【2階】
◦ 旧武藤山治邸【1階】
◦ 旧武藤山治邸【2階】
◦ 旧木下家住宅【応接室・座敷】
◦ 旧木下家住宅【書院・茶室】








スポンサーリンク



posted by pickles at 12:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。