PAGE TOP

2015年10月19日

生田神社 <神戸 中央区>

1.jpg

生田神社 神戸市 中央区 下山手通

2.jpg

2015年9月 20年ぶりに建て替えられたばかりの「第二鳥居」

103.jpg

「伊勢神宮」が20年ごとに行う『式年遷宮』で出た古材を再利用していた先代の鳥居と同様、この新しい鳥居も「伊勢神宮」の古材を再利用したものだそう。

ここが「第二鳥居」というコトは?

「第一鳥居」はココ

第1の鳥居1.jpg

「第二鳥居」からそのまま 生田ロード(参道)を南下し、三宮中央通り に面したトコロ

第1の鳥居2.jpg

「第一鳥居」から「第二鳥居」までつづく 生田ロード(参道)は、神戸の繁華街・三宮センター街や高架下を横切っていきます。

3.jpg

4.jpg

鳥居よこの 狛犬さん

5.jpg

これが「第三鳥居」 その奥に見えているのが「楼門」

7.jpg

「第三鳥居」越しの「第二鳥居」

100.jpg

11.jpg

「手水舎」でお清めして。。。

8.jpg

9.jpg

豪華絢爛な「楼門」ですね〜〜

98.jpg

99.jpg

「楼門」よこにある 石灯籠
十二支が彫られているようですが、あれ? 二つずつ四辺... 残りは何処に!? 確認するの忘れました
みなさん訪れた際、現地でご確認ください...

97.jpg

12.jpg

「楼門」をくぐって「本殿」へ。。。

14.jpg

15.jpg

鮮やかな朱色が美しいですね
伊勢神宮ゆかりの「第二鳥居」以外は、この美しい朱色で彩られています

95.jpg

「生田神社」に祀られているのは『稚日女尊』(わかひるめのみこと)という神様で、「伊勢神宮」に祀られている『天照大神』(あまてらすおおみかみ)の“妹神”“和魂”(にぎみたま)だといわれてるそうです。

18.jpg

“和魂”といわれても よく分かりませんが、神様の「荒々しい姿」“荒魂”と対比させて「優しく穏やかな姿」を“和魂”と呼ぶらしい。。。

とにかく「生田神社」の御祭神は『天照大神』と同じ“太陽神”で、『稚日女尊』“稚くみずみずしい日の女神様”、「伊勢神宮」との縁は深いようです。

19.jpg

21.jpg

22.jpg

23.jpg

ものすごく凛々しい「狛犬」さん

16.jpg

27.jpg

「狛犬」さんって、ずんぐりしたイメージがあるけど、この「狛犬」さんはシュっとしてます

25.jpg

26.jpg

「生田神社」『神功皇后』によって当初は 布引山(砂子山)に祀られたが、洪水によって 今の場所に移された。 とされていて、中央区熊内町の雲中小学校よこにある跡地には「旭の鳥居」という、その当時の一の鳥居が残されているそうです。

最初に祀られていた 布引山(砂子山)は、綺麗な森と水に囲まれた静かなトコロだったけど、現在は とっても賑やかな街のなか。。。

24.jpg

「生田神社」の祭祀を支えるために配置された44戸の「神戸」(かんべ)、その「神戸」が置かれた一帯が「生田神社」の社領で、現在の中央区。
というコトは、神戸の繁華街は「生田神社」の社領? 神戸の街は、『稚日女尊』(わかひるめのみこと)に見守られて栄えてる。 ってコトですね

「神戸」(かんべ)『神戸』(こうべ)という現在の地名の由来にもなっているとか。
神戸の街は「生田神社」抜きには語れない。。。


28.jpg

左回りに「生田の森」本殿北側へ進む。。。

『生田神社 戸隠神社・生田の池』 <神戸 中央区> へつづく。。。


兵庫県神戸市中央区下山手通1-2-1

生田神社

各線 三宮駅より北へ 徒歩約10分

◦ 生田神社【生田の池】
◦ 生田神社【生田の森】
◦ 生田神社【大海神社】








スポンサーリンク



posted by pickles at 12:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。