PAGE TOP

2015年10月01日

道の駅なぶら土佐佐賀 <高知県 幡多郡>

3.jpg

『道の駅なぶら土佐佐賀』 高知県 幡多郡 黒潮町

1.jpg

高知自動車道「四万十町中央」で降りて西へ車で約30分ほど

2.jpg

高知県幡多郡黒潮町佐賀「カツオ一本釣り日本一の町」をキャッチフレーズにしているほど、カツオの一本釣り漁が盛んな港町

そんな「カツオの一本釣り」にこだわる町、土佐佐賀にできた道の駅『なぶら土佐佐賀』

5.jpg

4.jpg

地域でとれた新鮮な魚介類や野菜、お土産品などを購入できるスペースに。。。

焼き立ての「カツオの藁焼き」が食べられるフードコート明神丸

6.jpg

7.jpg

かつおのタタキのオーダーが入りまくりなので、藁焼きの実演がいくらでも見られます

8.jpg

10.jpg

12.jpg

この漁火がいい感じを演出してます

高知に来たなら必ず食べなければいけませんっあせあせ(飛び散る汗)
「かつおのタタキ」

13.jpg

まずは「タタキ丼」 650円

藁焼きのタタキは初めてですが、コレ食べちゃうと 普通のタタキが物足りなくなってしまうかも

14.jpg

お味噌汁とお漬物がついて650円とお安いのをイイことに、こちらの一品もオーダー

15.jpg

香ばしいかおりが漂ってきそうなこの画像っ

16.jpg

思い出したらまた食べたくなってしまう こちらの一品は
「鰹のハランボ」 350円
とっても美味しい希少部位 藁焼きの香りで美味しさ倍増グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

17.jpg

「塩タタキ定食」 980円

18.jpg

ポン酢でたべるタタキもおいしいのですが、新鮮な美味しい鰹は 塩タタキでいただく方が 鰹をあじわえて好きです とっても美味しいゆずの酢がついていたのですが、藁焼きの鰹と塩が合いすぎてゆずの酢はつけずにいただきました

道の駅でこんなに美味しいかつおのタタキが食べられるなんて、さすが「高知県」

19.jpg

「藁焼き」最高exclamation×2 「塩タタキ」最高exclamation×2 土佐佐賀 最高exclamation×2

やっぱり、その土地の美味しいものは 現地でいただくのが一番ですね


。。。もちろん、食後のデザートは

22.jpg

21.jpg

「なぶらのソフトクリーム」

23.jpg

24.jpg

しお&バニラの「ミックス」 300円

地元 黒潮町の特産品「完全天日干し塩」をつかった塩そふととバニラのミックス
トッピングの塩がいいアクセントになって、あっというまに食べ終えてしまいます

11.jpg

店内の壁一面に描かれているキャラクターは、あの「明治 きのこの山」のキャラクター「きの山さん」をデザインした ハイパーネンドクリエイター・デハラユキノリさんによるものだとか。

販売所ではねんどキャラの様々なグッズが販売されてましたよ

高知の道の駅だけあって、プロデュース力はんぱないですひらめき


『藁焼きかつおのタタキ実演風景』






高知県幡多郡黒潮町佐賀1350番地

道の駅なぶら土佐佐賀










スポンサーリンク



posted by pickles at 12:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。