PAGE TOP

2015年07月11日

轟の滝 <徳島県>

滝 本滝1b.jpg

徳島『轟の滝』 日本の滝百選

徳島県の下のほう“ 海陽町 ”の中心部から“ 海部川 ”を遡ること約30キロ。 町営バスなら約1時間ほどとなっていますが、車なら もっと早いと思います。

滝 本滝2b.jpg

『本滝』

“本滝神社”のご神体とされていて、落差58m・幅5m。 水量の多いきせつなら、その迫力は満点

鳥居b.jpg

鳥居4b.jpg

“ 轟九十九滝 ”と呼ばれる大小さまざまな滝が“ 本滝 ”のうえにあり、遊歩道を登って最上部まで行くことができます。 片道1時間程度、往復2時間。 となっていますが、滝のひとつひとつを ゆっくりと堪能しながら進むと、もっと掛かると思います。

双子の滝b.jpg

滝1b.jpg

「遊歩道」と聞くとなんだか足元の整備された道を想像しますが、さすがは山深いトコロです。。。
途中「これって道から逸れた? 林業の方が使う道に迷いこんだのでは?」と思ってしまうよぉな、なかなかの過酷ロードです...

ふと横を見ると、断崖絶壁... クラっとしちゃったら一巻の終わりかも?! というよぉな、高所恐怖症には絶対むりむり〜〜っ!! な箇所もあります

滝3b.jpg

滝4b.jpg


険しい道をすすんで行くと、滝見ポイントが設置されていて、そこから滝の近くまで降りていけるトコロもあります。

滝つぼの水に触れてみると、ホントに冷たくて気持ちいい。。。 水も澄んでて美しい

せせらぎ1b.jpg

苔1b.jpg

「遊歩道」なんだけど、一応 足元はちゃんとした靴で、最低限の装備をしていったほうが ゆっくり堪能できると思います。。。

苔2b.jpg

最上部にある“鍋割神社”につく頃には、なんだかべつの世界に迷い込んだよぉな気分。。。
ホントに“森の妖精”がいても不思議ぢゃないよぉなトコロです


轟の滝


日本の森の風景





『南阿波サンライン』 < 徳島県 > へつづく。。。







スポンサーリンク



posted by pickles at 00:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ